毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • AI音声認識とは
  • AIの音声認識の具体例・活用事例
  • AI音声認識の歴史
  • AI音声認識システムの仕組み
  • AI音声認識のおすすめサービスReazonSpeech
  • AI音声認識の仕組みや歴史を知って活用しよう

公式SNS、フォローお願いします♪

Vidnoz AI顔入れ替えサイト

自分の顔を別の写真に合成できます!オンラインの顔交換アプリです。

AI音声認識とは?!自動音声処理の音声クローンや歴史仕組みを紹介

作者- 中村正弘

中村正弘

最終更新日

AI音声認識とは何か、人工知能の機械学習が音声クローンなどにおける活用、歴史や仕組み、文字入力や会話型AIなどの具体的な活用事例、無料サービスを紹介します。

AI音声認識とは?歴史・仕組み・活用事例を解説

AIによる音声認識は、日常の様々なシーンで使用されています。

本記事では、急速に発達するAI技術のひとつである、AI音声認識について解説いたし、歴史や仕組み、具体例などをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Vidnoz顔入れ替えサイト

Vidnoz顔入れ替えサイト

FREE

写真・画像・動画・GIFの顔入れ替えは簡単操作3ステップでできます!Vidnoz顔入れ替えサイトでイメチェンしてみましょう!

Vidnoz顔入れ替えサイト
目次
  • AI音声認識とは
  • AIの音声認識の具体例・活用事例
  • AI音声認識の歴史
  • AI音声認識システムの仕組み
  • AI音声認識のおすすめサービスReazonSpeech
  • AI音声認識の仕組みや歴史を知って活用しよう

AI音声認識とは

AI音声認識とは、人間が話す言葉をAIが認識し、それを文字に起こす技術のことをいいます。

AI音声認識システムは、人間の聴覚のように、人間の言葉を聞き取ります。

例えば、AI音声認識やAI自動音声の技術を取り入れているAppleの「Siri」や、「Google音声アシスタント」、Vidnoz AI音声読み上げ」 などを使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

いつから、AI音声認識が発達してきたのでしょうか。以下では、AI音声認識の歴史について詳しくご紹介します。

AIの音声認識の具体例・活用事例

AIの音声認識の具体例・活用事例

AIの音声認識は、現実世界で徐々に使用され始めています。以下では、AIの音声認識の具体例・活用事例をご紹介します。

実際にAIの音声認識を使ってビジネスをしたいと思っている人は、活用方法を学ぶ参考にしてくださいね。

音声クローン

音声クローンツールは、AIを使用して特定の人物の音声や発音を学習し、それを再現するツールです。これにより、例えばAIにより、自分の声で日本語だけでなく、英語読み上げスペイン語テキストを読み上げることが可能になります。

その応用範囲は広く、オーディオブックの制作から、バーチャルアシスタントの声質調整まで様々です。

Vidnoz AIボイスチェンジャーは完全無料で利用でき、好きな声をクローンして好きなボイスで読み上げることができます。

文字入力

株式会社築地フレッシュ丸都は、AIの音声認識を使って文字入力をすることで、作業の時間短縮を行いました。

例えば、農林水産業の場合、紙に文字を記入すると、紙が濡れたり汚れたりすることに気を使わなければいけません。

株式会社築地フレッシュ丸都は、防水機能があるデバイスに音声入力をすることで、作業時間を大幅に短縮できました。

ITデバイスを使用することで、日本語がわからない外国人にも簡単に使用できるメリットもあります。

引用元:https://www.advanced-media.co.jp/products/casestudy/14592

文字起こし

AI音声認識による文字起こし機能を使って、字幕や議事録を作る取り組みは多くの会社で導入されています。

議事録を作るために、

  • 会議内容を録音する
  • 録音舌音声を聞き直す
  • 大事なシーンをメモをしてパソコンに入力

などと、めんどくさい作業をする必要はありません。

会議が始まったら、AIによる音声認識サービスを立ち上げ、自動的にAIが文字起こしをしてくれます。議事録を作る時間を他の時間に当てられるようになるため、人件費削減にも繋がりますよ。

関連記事:無料で使える!動画字幕自動翻訳アプリ・ツールおすすめ4選>>

会話型AI 

ただ人間が話す言葉を認識するだけではなく、Siriのように会話をしてくれる会話型のAIも活用されています。

銀行や人気のお店など、電話をかけてもなかなか繋がらないことで顧客満足度は下がってしまいます。

「電話が繋がらないから諦めるか」とビジネスチャンスを無駄にしないように会話型AIを導入する会社も増えてきています。

例えば、お店の予約における会話型のAIは、お客様とコミュニケーションを取り予約したい日時や人数などを聞き出します。人気店で電話に出れないほど忙しくても、AIが予約を取ってくれるので安心ですね。

引用元:https://www.ebica.jp/lp-aireception/

おすすめ記事:AI営業ツールで営業強化する方法は?人工知能導入の注意点やメリットなどを紹介>>

AI音声認識の歴史

AI音声認識は、はじめからAppleのSiriのように優れた技術であったわけではありません。

以下のようなプロセスを経て、現代で活躍するAI音声学習技術に進歩したのです。

  1. 1952|ベル研究所 |  Audrey:人間の言葉の0から9までの数字を認識する
  2. 1971|「国防高等研究計画局」|Harpy:1011の語彙、文を丸ごと認識できる
  3. 1986|IBM|Tangora:20000語の認識が可能になった
  4. 2009|ジェフリー・ヒントン|ディープラーニングの登場による性能向上
  5. 2011|Apple|Siri

1952年には、現在のAI音声認識の基盤であるベル研究の「Audrey(オードリー)」という技術が進歩しました。Audreyは、人間の言葉から0〜9までの数字を90%の精度で認識していました。

1971年には、カーネギーメロン大学や、IBM、スタンフォード研究所などがこぞってAI音声認識の研究を開始。カーネギーメロン大学が「Harpy」という技術を生み出しました。Harpyでは、1011の語彙で作られた文章を妥当な精度で認識しました。

AIにとって単語を認識することよりも、文章を認識するほうが難しいです。例えば、「りんごがすき」という文章の場合、人間は考えることなく「りんご」「が」「すき」と単語ごとに分けられるでしょう。しかし、AIの場合、「りん」「ごがす」「き」と認識する可能性があります。つまり、文章で認識できるHarpyは当時でも画期的な発明だったのです。

1986年には更に進歩して、IBMは約20000語を認識できる「Tangora」を発明しました。

2009年には、AIにたくさんのデータを与えて勉強させる「ディープラーニング」(Deep Learning)という技術を使った「多層ニューラルネットワーク」の音声認識が大いに発展しました。「ニューラルネットワーク」という人間の脳の機能を数学的に表したものを何層にも使い、AIが自動的に学習し、AI音声認識ができるようになったのです。

現在では、馴染み深いAppleのSiriもAI音声認識のひとつ。Siriに「電話をかけて」と話しかけるだけで、「電話をかける」ことを識別し、音声を処理し、それに対する動作を実行してくれます。

現在では、AIが代わりに電話に出て対応をしくれたり、話かけてくれたりするほど、AIが発達しています。

AI音声認識に加えて、AIが話しかけてくれる「AI音声合成」という技術も現在では飛躍的に発展しました。

AI音声認識システムの仕組み

AI音声認識システムの仕組み

AI音声認識システムはどのようにして言葉を認識しているのでしょうか。

AIによる自動音声認識は、

  1. 人間が話した言葉をデータ化する
  2. データから人間が話している言葉を推測する
  3. 文字起こしを行う

の大きく分けて、3つのステップで音声を認識します。

STEP1 「音響分析」という人間の声を分析する機能を使用し波形にデータ化します。波形データは「し」のように音素に分解され「音響モデル」として出力され、文章推測に使用されます。

STEP2 AIのディープラーニングの技術を使って、文章を推測する段階です。

例えば、「しじょう」という単語の場合、「市場」「史上」「試乗」など様々な同音異義語が存在します。

AIは、ディープラーニングで、この世にある文章を多々勉強させられているため、前後の文字から言葉を推測し、正解を導きます。例えば、「最高気温」という単語がある場合、「史上」である確率が高いと判断し、「史上最高気温」という正解にたどりつくでしょう。

STEP3 認識した言葉を文字に起こし、人間が認識できる形でアウトプットを行います。

AI音声認識システムはこのような仕組みで言葉を認識しています。

AI音声認識のおすすめサービスReazonSpeech

「AI音声認識をビジネスで使ってみたい」と思っている人もいるのではないでしょうか。

AI音声認識サービスを無料で使ってみたい人は、「ReazonSpeech」がおすすめです。

約19,000時間という莫大な時間の放送音源をAI学習を行っているので、高精度に全文を認識できます。また、漢字変換も可能なので、議事録や文字起こしにもぴったりです。

ブラウザ上で無料で試せるため、まずはどの程度の精度なのか気になる人は、使ってみてはいかがでしょうか。

AI音声認識の仕組みや歴史を知って活用しよう

本記事では、AI音声認識の歴史や仕組み、具体例についてご紹介しました。

人工知能による技術は進歩し続けており、文字入力や会話型AIなど、ビジネスシーンでも活用されるようになりました。

AI(機械学習)を使うことで人件費を削減できたり、音声認識に関する課題はどんどん解決され、作業が簡単になったりします。

本記事を参考に、AI音声認識についての詳細を知り、最新の音声認識技術を応用したVidnoz AI テキスト読み上げをビジネスでも導入してみてはいかがでしょうか。

AIでテキストを動画に変換しよう - 無料

ただ1ステップだけでPDF、PPT、URLから高画質の動画を作成します。

Vidnoz AIでテキストを動画に変換しよう
作者情報
authot

中村正弘

動画マーケティングで10年以上の経験を持つ専門家。 動画マーケティングの効果的な方法や事例、トレンドを知りたい、BtoCマーケティング担当者向けに、動画広告のノウハウ、動画制作や配信のヒントやアイデアを発信します。