毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • 営業職はAIの導入でなくなる可能性は?
  • 営業におけるAIの活用
  • 営業におけるAI導入のメリット・デメリット
  • AIで営業を効率化する流れと注意点
  • AI機能を備えている営業ツールVidnoz
  • 営業強化のためにAIを導入する具体例
  • AIを活用して営業強化しよう

公式SNS、フォローお願いします♪

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用!

AI営業ツールで営業強化する方法は?人工知能導入の注意点やメリットなどを紹介

作者- 佐々木誠

佐々木誠

最終更新日

AI(人工知能)は人間の代わりにならないのには理由がある!AI営業ツールを上手に使うことで効率化できる。営業強化を実現するためのAIツールの活用は?

AI営業1

AI(人工知能)営業ができるようになったら、営業はもう必要ない」と言われるほど、AIはますます成長しています。

成長しているAIをうまく使うことで、営業強化できるようになるでしょう。

本記事では、営業職でAIに勝てるものや、AIの活用できる点、AI導入のメリット・デメリットなどを解説。営業強化のためにAIを導入する具体例や導入する際のポイントもあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次
  • 営業職はAIの導入でなくなる可能性は?
  • 営業におけるAIの活用
  • 営業におけるAI導入のメリット・デメリット
  • AIで営業を効率化する流れと注意点
  • AI機能を備えている営業ツールVidnoz
  • 営業強化のためにAIを導入する具体例
  • AIを活用して営業強化しよう

営業職はAIの導入でなくなる可能性は?

AIの導入で営業職もなくなるのではないか」と心配している人もいるのではないでしょうか。

実際のところ、『ミドルの転職』によると、「営業系」はAIに代替されにくい職種の3位にランクインしています。

つまり、AIの導入で営業職がなくなる可能性は低いでしょう。

AIに奪われやすい仕事を見る

では、AIに奪われやすい仕事はどのようなものなのでしょうか。

ミドルの転職』によると、AIに取って代わられる可能性が高い職業として「一般事務」「経理」「コールセンター」が挙げられています。

これらの職業では、

  • 日々の業務のうちの大部分がルーティンワークである
  • 対応がマニュアル化されやすい
  • 他者とのコミュニケーションが少ない

などの共通点があります。

一方で、営業職は、他者とのコミュニケーションが多く、相手との関係構築が必要です。人間を相手にするため、ルーティンワークでできる仕事が少ないため、営業職はAIに奪われにくい仕事だといえます。

営業職で人間がAIに勝てるもの

AIに任せられる仕事をAIを活用すると、人間がAIにはできない仕事だけに集中でき、営業強化につながるでしょう。

AIにはできない仕事に関する能力を身につければ、将来的にも長年活躍できる営業マンになれるでしょう。

以下では、営業職で人間がAIに勝てるものをご紹介します。

  • 営業職のコミュニケーション
  • パーソナライズされた営業対応
  • 手の操作を必要とする一部の活動
  • クリエイティブな営業計画

営業職は、個性あふれる様々な顧客とコミュニケーションを取ることが基本です。顧客の年齢や習慣、バックグラウンド、言語まで、それぞれ異なるため、それに合わせた柔軟な対応は人間しかできません。コミュニケーション能力を重点的に鍛えることで、AIに代替されない営業職になりましょう。

また、顧客ごとに対応が異なるなど、パターン化されていない分野はAIが置き換わることはできません。つまり、「パーソナライズされた営業対応」や「クリエイティブな営業計画」は人間だからこそできることです。

営業におけるAIの活用

AI営業2

どのような点でAIは営業強化に役に立つのでしょうか。

以下では、営業職の仕事内容を再度洗い出し、その上で営業におけるAIの活用できる範囲を詳しくご紹介します。

営業職によくある挑戦

多くの営業職では、以下のような業務内容にチャレンジしているのではないでしょうか。

  • 新規顧客の開拓
  • 営業プロセスのタイムリーな同期化
  • 項目の管理・入力
  • 良い顧客体験の深化
  • 営業提案作成

営業職は、自社商品やサービスを提供する「新規顧客を開拓」するために、テレアポやインサイドセールス、対面でのコミュニケーションなどを行っています。

また、営業プロセスに問題があれば、そのプロセスの改善を提案し、新しいプロセスを試すことも。「名刺管理」「営業内容のメモ」「スケジューリング」「営業データの入力」など「項目の管理や入力」もきりがない程、様々な業務に携わっています。

「顧客の体感価値」を上昇させるために、チャットツールや、Web接客ツールなどを使いこなす必要があることもあるでしょう。

営業職がAIの活用で強化できる方面

AIの活用で強化できる営業職の業務は、大きく分けて以下の3つの点です。

  • 管理
  • 分析
  • 予測

顧客情報の管理や、会議をした場所や内容、名刺管理などに関する「管理」業務で、AIは活躍をします。

また、顧客がどのようなプロセスで商品の購入に至ったのか分析する「顧客行動分析」や、案件の進み具合を調べる「案件アセスメント」などの、「分析」業務でもAIが助けてくれます。人間は、分析に時間をかけず、分析データを活用してアクションを起こすだけでよくなるでしょう。

顧客ニーズを分析し予測するためにも、AIが使われます。AI予測を使用することで、在庫の最適化ができるようになります。

営業におけるAI導入のメリット・デメリット

営業におけるAI導入には、様々なメリットがある一方で、デメリットも存在します。

これからAI導入を考えている人は、長所と短所を理解した上でAIで営業支援を始めることをおすすめします。

営業にAIを導入するメリット

まずは、営業にAIを導入するメリットをご紹介します。

  • 営業グループ採用の諸経費を削減
  • 繰り返し作業にかかる時間の短縮化
  • 詳細なビジュアルデータで顧客行動を提示する

リクルート「就職白書2020」によると、新卒採用の場合93万円、中途採用の場合103万円の採用単価がかかります。AIを導入することで、営業職を雇う数を減らせるため、営業職を雇うための採用コストや教育コストなどが大きく削減できます。

また、AIが得意とする分析やデータ化を最大限活用し、詳細なビジュアルデータを提示できるようになるでしょう。

営業にAIを導入するデメリット

営業にAIを導入することメリットも大きいですが、デメリットもあります。

デートが不正確な可能性がある

AIに頼りやすい・思考力を失う

AIは大量のデータを読み込み、それを解析することでパターンを見つけ出し抽出します。与えられたデータに間違いがある場合、AIの示しだすデータが正確ではないおそれがあります。

また、「AIが言うなら正しいだろう」と思考停止で仕事をするようになってしまい、最も重要な思考力を失うことも。

上記でご紹介したデメリットを念頭に置いた上で、AIの導入を検討しましょう。

AIで営業を効率化する流れと注意点

AI営業3

AIを実際に営業シーンで使用したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

以下では、実際にAIで営業を効率化する流れと知っておきたいポイントをご紹介します。

AIで営業を効率化する4ステップ

AIで営業を効率化するステップは以下の4段階に分けられます。

Step 1. 自社の営業で強化したい点を明確にする

AIで営業を効率化する1つ目のステップは、自社の営業で強化したい点を明確にすることです。

「とりあえずAIを使ってみたい」という考え方では、AI営業ツールを使いこなせません。自社の営業職が行っている仕事を分析し、どの分野にAIを使いたいのかを確認しましょう。

Step 2. 適切なAI営業ツールを見つけて試してみる

AIで営業を効率化する2つ目のステップは、適切なAI営業ツールを見つけて試してみることです。

AI営業ツールと一口に言っても、得意とする分野が異なります。ステップ1で考えた、AIで強化したい点を得意分野とするAI営業ツールを探してみましょう。

Step 3. AIの効果を検証するために、営業で実際に使ってみる

AIで営業を効率化する3つ目のステップは、AIの効果を検証するために、営業で実際に使ってみることです。

AI営業ツールという、新しいツールは試行錯誤しながら、自社に最適化する必要があります。

Step 4. AI活用のコツを分析してまとめ、次の営業案件に活かす

AIで営業を効率化する4つ目のステップは、AI活用のコツを分析してまとめ、次の営業案件に活かすことです。

AI営業ツールを使って終わりにするのではなく、費用対効果や使用シーンなどを分析する必要があります。

AI業務のPDCAサイクルを回して、営業化強化を行いましょう。

AIを営業に運用して効率化するポイント

AIを営業に運用して効率化するためには、以下の2点のポイントを注意しましょう。

AIデータには実用的な検証が必要

AIが代替できないものにエネルギーを集中する

「AIデータ=正しいもの」として捉えるのではなく、本当に正しい情報なのかを確かめつつ実用的に使えるものにする必要があります。

また、AIが代替できるものに力を注いでも意味がありません。すでにご紹介したAIが取って代われないものにエネルギーを集中しましょう。

AI機能を備えている営業ツールVidnoz

オンライン営業やマーケティングにAIを活用したい人は、「Vidnoz」がおすすめです。

以下では、AI営業ツールVidnozの機能とメリットをご紹介します。

AI営業ツールVidnozで営業を支援する

AI営業ツールVidnozは、動画を使ったオンラインマーケティングに強い営業支援ツールです。

動画の作成や編集だけではなく、動画内にCTAボタンを設置できるため、顧客行動を促進させます。

以下では、AI営業ツールVidnozが営業職を支援する内容をご紹介します。

豊富な動画編集とテレプロンプター・テンプレートで動画の自動生成を実現

豊富なオンライン動画編集機能で営業をパーソナライズする

顧客の視聴行動をAIで解析し、ビジュアルデータを形成して潜在顧客を獲得する

AIが顧客分析を行ってくれるだけではなく、動画を「顧客最適化」してくれるでしょう。

営業強化のためにAIを導入する具体例

以下では、営業強化のためにAIを導入した会社の実例を紹介します。

ヒノキヤグループ:対話式のQ&Aサービスを導入

ヒノキヤグループは、対話式のQ&Aサービス「ひのくまコンシェルジュ」を導入し、営業活動に使用しています。

新人営業職は「ひのくまコンシェルジュ」を使用し、業務に関する疑問を解決できるようになります。教育業務が軽減するだけではなく、教育担当者の営業に使用できる時間も増加。

また、新人営業職でも的を得た提案ができるようになるので、お客様満足度も向上するでしょう。

参考:PR TIMES「注文住宅の営業活動に“AI”を導入

千葉興業銀行:AIと人間とが連携する問合せサポートシステム

千葉興業銀行では、AI対話エンジン「PKSHA Chatbot」を導入し、AIと人間とが連携する問合せサポートシステムを実現させました。

AIが答えられる質問にはAIが対応し、AIが対応できない質問は人間が対応します。さらなる顧客満足度の向上が期待できるでしょう。

参考:PR TIMES「千葉興業銀行がAI対話エンジン「PKSHA Chatbot」を導入

株式会社横浜銀行:AIによるヒアリングの自動化

株式会社横浜銀行は、「MOBI VOICE(モビボイス)」と呼ばれるAIを採用しました。

「MOBI VOICE」は、電話による「融資・外国送金問い合わせ」についての一次対応を自動で行います。店舗が混み合っている状況でも電話受付時間内ならいつでも、一次対応ができるようになる点が魅力。

お客様満足度が向上し、業務コスト削減が期待できます。

参考:PR TIMES「横浜銀行で「MOBI VOICE」が採用!

AIを活用して営業強化しよう

本記事では、営業におけるAI導入のメリットや注意点、AIで営業を効率化する4ステップなどを詳しくご紹介しました。

すでにご紹介した通り、営業職は対人コミュニケーションやクリエイティブな営業計画などの仕事を行う職種です。営業職の仕事の中でも、AIが得意な分野はAIにまかせることで、人間はよりクリエイティブな仕事に集中できるようになります。

AI営業ツールをうまく活用することで営業を強化してみてはいかがでしょうか。

作者情報
authot

佐々木誠

マーケティング業界経験12年目以上、ブランド認知度を高めるための広告、PR、イベントなどのマーケティング施策を企画・実施に携わり、MAツールの導入・改善により、リード獲得数やコンバージョン率の向上を支援します。