毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • AI(人工知能)に関する基礎知識
  • AIマーケティングのメリットとデメリット 
  • AIによりマーケティングの仕事がなくなる? 
  • AIを使ってマーケティングでできることは?
  • どうすればAIを効果的にマーケティングに活用できる? 
  • AIのマーケティング活用事例 
  • おすすめのAIマーケティングツールVidnoz 
  • AIの活用でより高度なマーケティングを実現 

公式SNS、フォローお願いします♪

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用!

AIはマーケティングにどう役立つ?基礎から応用・活用事例・おすすめツールをご紹介

作者- 中村正弘

中村正弘

最終更新日

AIがマーケティングにどう役立つか知りたい方必見!AIの基礎から応用まで、活用事例やAIマーケティングツールを交えて分かりやすく解説します。

AIマーケティング入門:基礎から応用まで|事例やツールを紹介

近年、劇的な進化を遂げたAI(人工知能)は、ビジネスでの活用も急速に広まっています。

AIには様々な可能性があり、マーケティングでも注目されるようになりました。

マーケティングにAIを活用することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

この記事では、AIの基礎知識や種類からAIマーケティングのメリット・デメリット、活用事例などを詳しく解説します。

AIマーケティングにおすすめのツールもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。 

目次
  • AI(人工知能)に関する基礎知識
  • AIマーケティングのメリットとデメリット 
  • AIによりマーケティングの仕事がなくなる? 
  • AIを使ってマーケティングでできることは?
  • どうすればAIを効果的にマーケティングに活用できる? 
  • AIのマーケティング活用事例 
  • おすすめのAIマーケティングツールVidnoz 
  • AIの活用でより高度なマーケティングを実現 

AI(人工知能)に関する基礎知識

AI(人工知能)に関する基礎知識

AIは「Artificial Intelligence(アーティフィシャル インテリジェンス)」の略語で、人間に近い思考・知識を持つ技術や概念を指します。

人工知能と呼ばれることも多いです。

AIの定義は有識者によって異なり、人間のような振る舞いをする機械や知的なコンピュータプログラムを作成する学科・技術などの意味合いを持ちます。

しかし、一般的には「人間レベルの高い知能を持つ機械・コンピュータ」という認識でAIという言葉が用いられています。 

AIの種類と仕組み 

AIは、汎用型AIと特化型AIの2種類に大別されます。

  • 汎用型AI

汎用型AIは、様々な役割や課題に対して自動学習や処理ができるAIです。

予想外のトラブルが発生した際、人間は自分の経験を元に判断や課題の解決ができます。

汎用型AIも自ら学習を行い、それを応用して問題に対して適切な行動ができるシステムと考えられています。

学習や課題解決に対する柔軟性が高く、より人間に近いシステムと言えるでしょう。

しかし、汎用型AIはまだ研究段階であり、人間と同じよう思考を持ち、判断や行動ができるレベルのAI技術は確立されていません。

そのため、汎用型AIの実用化は実現していない現状です。

  • 特化型AI

特化型AIは、特定の分野・領域を専門に自動学習や処理を行うAIです。

汎用型AIのような柔軟性はないものの役割の範囲が限定されている分、技術を高度化しやすいことがメリットです。

現在に実用化されているAIは全て特化型に該当し、代表的な機能には画像認識、音声認識、感情認識、自然言語処理、予測分析などの技術が挙げられます。

AI画像生成(AIアート)や文章読み上げソフト、PN診断、チャットボットなど様々なサービスが登場しており、一般からビジネスまで浸透し始めています。 

AIの活用事例 

AIは幅広い分野ですでに活用されています。

具体的にどう使われているのか、活用事例を2つご紹介します。

  • 東京ミッドタウンクリニック 「疾病リスク予測AIサービス」の活用事例

東京ミッドタウンクリニック 「疾病リスク予測AIサービス」の活用事例

東京ミッドタウンクリニックでは、東芝デジタルソリューションズ株式会社と株式会社東芝が共同開発した「疾病リスク予測AIサービス」を導入しています。

疾病リスク予測AIサービスでは、1年間の健康診断データをAIが分析し、特定の疾病リスクを予測することが可能です。

疾病リスクは6年先まで予測でき、そのデータを健康診断のレポートに反映できます。

このAIサービスを導入したことで、クリニック側はより細かい健康指導が可能となりました。

  • ヤマト運輸株式会社「LINE AICall」の導入事例

ヤマト運輸株式会社「LINE AICall」の導入事例

ヤマト運輸株式会社では、LINE株式会社が提供するAI音声応答システムの「LINE AICall」を導入しています。

LINE AICallでは、音声認識と音声合成、会話抑制というAI技術を組み合わせており、まるで人が話しているような自然な対話応答ができることが特徴です。

このAIサービスの導入により、集荷依頼の対応を自動化することが可能となりました。

コールスタッフは有人対応が求められる問い合わせの対応に集中できるようになり、業務の軽減につながっています。 

AIマーケティングのメリットとデメリット 

AIマーケティングのメリットとデメリットについて、次のようにまとめることができます。

メリット 

  1. 時間の節約: AIによる自動化や効率化により、作業工程の削減や時間の短縮が可能です。
  2. マーケティングの効率化や精度の向上: AIによるデータの収集や分析により、マーケティング業務の効率化や精度の向上が期待できます。
  3. 超パーソナライズ: AIが顧客の個々の情報や傾向を学習し、最適な情報やサービスを提供することができます。

デメリット 

  1. 市場の差別化ができていない: AIの導入だけでは市場の差別化にはつながらない場合があります。AIを活用して新しい付加価値を創出する必要があります。
  2. 事実誤認の可能性が高い: AIが導き出した答えが必ずしも正解とは限らず、事実誤認が生じる可能性があります。AIの結果を確認する際には人の目で確認する必要があります。

AIによりマーケティングの仕事がなくなる? 

AIが普及していくと、様々な仕事がAIに奪われると言われています。

マーケティングの仕事もなくなってしまうのか不安に感じるところですが、結論から言えば全ての仕事がなくなることはありません。

ただし、一部の仕事は人の手で行わなくても済むようになる可能性があります。

例えば、商品やサービスを宣伝するためのポスターは自らデザインや素材を作らずとも、AI画像生成サービスによって作成できるようになるでしょう。

また、自然言語処理を応用すれば自動で文章の生成ができるため、説明文やキャッチコピーなど文章・記事制作も自動化できるようになります。

その一方で、AIが得意な統計や分析により、データをブッシュアップしてアイデアを出すなど新しい仕事が生まれる可能性があります。

データ収集や分析に関する仕事はAIの得意分野なので、人間が手を加えることはほとんどなくなってしまう可能性はありますが、全く仕事がなくなるわけではありません。

コミュニケーションや不合理な判断への対応などは、人間のほうが得意です。

そのため、コミュニケーションスキルや状況判断力、柔軟力などAIに勝るスキルを伸ばしていけば、失業の心配はありません。 

AIを使ってマーケティングでできることは?

AIを使ってマーケティングでできること

AIを使ってマーケティングでできることは、次のようにまとめることができます:

  1. 自動化: AIを活用することで、マーケティング業務の一部を自動化することが可能です。例えば、チャットボットを導入して問い合わせ対応を自動化することができます。
  2. パーソナライズ: AIは顧客の属性や傾向を学習し、最適な情報やサービスを提供することができます。例えば、パーソナライズ広告を活用してユーザーに関連性の高い広告を表示することができます。

AIのできることを活用して、より効率化のマーケティングを実現できます。次では、AIを効果的にマーケティングに活用コツなどを紹介します。

どうすればAIを効果的にマーケティングに活用できる? 

AIを効果的にマーケティングに活用するためのステップや注意点、コツは次のようにまとめることができます。

AIをマーケティングに活用する5ステップ 

マーケティングにAIを導入する場合のステップは以下のとおりです。

Step 1. マーケティング目的を明確する

マーケティングに関する課題は企業ごとに異なります。

どうしてAIが必要なのか、まずは課題や目的を明確にすることが大切です。

マーケティングに活用する目的がはっきりすれば、どのようなAIツールが必要なのか選定しやすくなります。

Step 2. AIの基礎知識を勉強する

AIを活用していくためには、基礎知識を身につけておく必要があります。

基礎知識が備わっていないと、AIについて誤った認識を持ち、効果的なツールの選定や使用が難しく、思った成果を得られない可能性が高いです。

導入前にAIや機械学習、ディープラーニングなどの意味や学習方式、活用方法を理解しておきましょう。

Step 3.適切なツールを選ぶ

自社の課題や目的に合わせて、適切なAIツールを選んでいきましょう。

似たようなAIツールでも特徴は異なるので、自社が求める機能の有無や価格などを比較検討することが大切です。

Step 4.ツールを適切に使用する方法を学ぶ

導入するAIツールが決まったら、使い方を学ぶことも大切です。

属人化を避けるためにも、なるべくマーケティングに関わる全ての人が使い方を覚えたほうが良いでしょう。

また、使い方が難しいツールは教育に時間がかかってしまうので、選定の際は誰でも扱いやすいツールを選ぶことをおすすめします。

Step 5.ツールの結果を追跡する

実際にAIツールを使い始めたら、効果検証を行いましょう。

使用前と比べて変化があれば、AIツールが大きな効果をもたらしていることを実感できます。

しかし、思うような効果が出なかった場合は、学習のやり直しや効果が発揮されない要因の特定・改善などに取り組みましょう。

選んだAIツールが合っていない可能性があれば、ツール導入の再検討が必要になることもあります。 

AIマーケティングツールを活用するための注意点やコツ 

AIがマーケティングにもたらしてくれる効果やメリットは大きいものの、万能ではないことを念頭に置いておきましょう。

AI自体、まだまだ成長段階なので万全ではなく、精度もツールによって異なります。

自動生成されたコンテンツの内容が必ずしも正しいとは限らないため、最終的には人の目で事実誤認がないかチェックするようにしましょう。

また、AIツールは導入してすぐには効果が発揮されない可能性があります。

実際に効果を実感できるまで時間がかかるので、効果検証を繰り返し、成果が出るまで辛抱強く待つことも大切です。 

AIのマーケティング活用事例 

AIを活用してマーケティングに組み入れている事例はすでに存在します。

どのように役立てているのか、実際にどのような効果が見られたのか確認してみましょう。 

はるやま商事株式会社「SENSY」の活用事例 

はるやま商事株式会社「SENSY」の活用事例 

紳士服をメインにアパレル事業を展開するはるやま商事株式会社では、「SENSY」が導入されています。

SENSYは、SENSY株式会社が提供するパーソナル人工知能です。

顧客一人ひとりの感性を分析し、ユーザーの好みを学習して最適な商品を表示させることができます。

はるやま商事株式会社では、2016年からSENSYを導入し、顧客ごとにパーソナライズされたDMを送信しています。

このマーケティング施策により、通常のDMと比べて来店率159%の実績を残しました。

また、自社のノウハウとSENSYの技術を応用して、選んだアイテムが自分に合うか判定する「似合うアルゴリズム」を開発しています。

さらにLINEサービスにて「就活似合う度チェック」を導入し、就活生の服装のパーソナル診断やおすすめコーディネートを案内するサービスも実施しています。 

株式会社IDOM「ABEJA Platform」の活用事例 

株式会社IDOM「ABEJA Platform」の活用事例 

中古車販売を手掛ける株式会社IDOMは、「HUNT常滑店」にて「ABEJA Platform」を導入しました。

ABEJA Platformは、株式会社ABEJAが提供するAIプラットフォームです。

店舗に設置されたカメラから来客者数や属性、行動パターンといった情報を取得し、AIが分析することで、店舗レイアウトや品揃えの改善をサポートしてくれます。

株式会社IDOMは来客者の行動を可視化し、店舗レイアウトや接客の改善に活用しました。

AIの活用により、常滑店は他店と比較して展示車の販売が一割程増える結果となりました。 

株式会社電通「ADVANCED CREATIVE MAKER」の活用事例 

株式会社電通は、自社グループで「ADVANCED CREATIVE MAKER(β版)」を開発しました。

ADVANCED CREATIVE MAKERでは、5秒間に1枚のペースで自動的にバナーを作成することが可能です。

作成された1000枚以上のバナーの中から広告効果予測を活用し、優れたバナーを10本に絞り込むことができます。

公告の予想CTRも表示されるので、本当に効果的なバナーかどうか判断しやすいのも特徴です。

ADVANCED CREATIVE MAKERは社内でも活用されており、広告制作とマーケティングの効率化を実現しています。 

おすすめのAIマーケティングツールVidnoz 

マーケティングでAIを活用したい人におすすめしたいルーツが「Vidnoz」です。

Vidnozは、AI機能が備わった動画制作ツールです。

マーケティングや営業の効果を高めたいのであれば、動画を活用するのも1つの方法です。

動画は映像や音声を通じて、視覚的・聴覚的に物事を伝えられます。

資料や口頭で伝えるよりもわかりやすく、説得力も増すというメリットがあります。 

Vidnozのメリット 

動画制作ではカットやテロップの挿入など編集作業が必要になり、短い動画でも完成まで膨大な時間がかかります。

しかし、VidnozはAI動画オートメーションが搭載されているので、編集の手間を減らし、制作にかかる時間を大幅に節約することが可能です。

動画編集の手間を減らせる機能として、AI音声読み上げ機能と喋れるアバター機能があります。

AI音声読み上げ機能では、テキストを入力するだけで音声を自動で生成することが可能です。

生成された音声を動画のナレーションに使用すれば、別途でナレーションを作成する必要がなくなります。

さらに、日本語を英語やスペイン語など8種類の言語に翻訳して音声を生成できるので、外国人向けの動画制作にも活用できます。

喋れるアバターは、名前のとおりリアルに喋るAIアバターを作成できる機能です。

アバターになる画像のアップロードとテキストを入力するだけで、静止画から動画を生成できます。

こちらも動画の素材として使うことが可能です。

また、多彩なテンプレートを用意しており、カスタム編集も可能なので、顧客に合わせてパーソナライズされた動画を制作できます。

他にも動画のホスティングや共有、配信、トラッキングなどのサービスが全て備わっているので、一本で幅広い業務に対応可能です。

動画はマーケティング効果の高さから需要が高まっているツールです。

AI技術を搭載したVidnozを導入して動画を活用すれば、マーケティングや営業の効率向上化も捗ります。 

AIの活用でより高度なマーケティングを実現 

AIは急速に成長し、広まったことから身近な技術となりました。

まだまだ研究段階であり、新たな技術の登場にも期待できるでしょう。

すでにビジネスでの導入が進むAIは、マーケティングにおいても業務の効率化やコスト削減、精度の向上などのメリットに期待できます。

目的や課題などを明確にした上で、自社に合ったAIツールを活用することで、高度なマーケティングが可能となります。

様々なAIツールがありますが、動画をマーケティングやAIに活用したいのであれば「Vidnoz」がおすすめです。

AI技術による編集時間を短縮やパーソナライズされた動画の配信など役立つ機能が備わっているので、ぜひ活用してみてください。

包括的な動画作成・自動化プラットフォームーVidnoz

動画の作成、カスタマイズ、共有、視聴データの分析を一括で行うことができ、作業の効率を向上させます。

  • 内蔵の画面録画機能を使って、説明動画やチュートリアル動画の作成に役立てます。
  • 動画にクリック可能なCTAボタン、投票、ユーザーフォームを追加して、インタラクションを強化します。
  • 動画をメインのプラットフォームに一括で共有可能です。
  • 詳細なインサイトにより、動画のパフォーマンスを追跡できます。
作者情報
authot

中村正弘

動画マーケティングで10年以上の経験を持つ専門家。 動画マーケティングの効果的な方法や事例、トレンドを知りたい、BtoCマーケティング担当者向けに、動画広告のノウハウ、動画制作や配信のヒントやアイデアを発信します。