毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • AI作詞・歌詞自動生成の能力がどのレベルに達した?
  • AI作詞・歌詞自動生成のメリット・デメリット
  • AI作詞・歌詞自動生成ツールを活用するコツ
  • 誰でも簡単にAIで作詞作曲できたら社会はどう変わるか?
  • AIが自動作成した歌詞は著作権侵害になるか?

公式SNS、フォローお願いします♪

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用!

【AI作詞】歌詞自動生成の魅力と限界:創造性と著作権の視点から

作者- 中村正弘

中村正弘

最終更新日

AIで歌詞生成したことはありますか?作詞作曲できるAIはどこまで進化したか、どのような可能性と制約があるのかを探求し、メリットや活用方法と共に紹介します。

AI作詞・歌詞自動生成の進化と限界:現在の能力と未来の展望

この記事では、みなさんにAI技術の新たな使い方についてご紹介します!

AIで文章作成ができることはもうご存知かと思います。今回は文章作成の仲間と言える「歌詞」のAI自動生成の魅力と限界について、創造性と著作権の観点からお伝えしますね。

目次
  • AI作詞・歌詞自動生成の能力がどのレベルに達した?
  • AI作詞・歌詞自動生成のメリット・デメリット
  • AI作詞・歌詞自動生成ツールを活用するコツ
  • 誰でも簡単にAIで作詞作曲できたら社会はどう変わるか?
  • AIが自動作成した歌詞は著作権侵害になるか?

AI作詞・歌詞自動生成の能力がどのレベルに達した?

今のAIにはVidnoz AIアバター生成音楽生成、人類と自然な会話ができるようになりました。では、歌詞自動生成の能力がどのレベルに達したか一緒に見ていきましょう。

AIが歌詞にもたらす可能性と能力

まず、AI技術を使った歌詞生成の特筆すべき点は「テーマ」を指定して生成できることです。別の記事でAI作詞ができるサイトやソフトをご紹介しますが、中には20ものテーマから曲調を選ぶことができるツールもあります。また、ChatGPTを使うと、細かいニュアンスも含めてテーマを指定することができます。

チャットボット形式AI歌詞自動生成の専門サイトなどを使うことで、洗練された歌詞を作り上げることができます。さらに、条件の指定を重ねていくことで、自動生成された歌詞がよりブラッシュアップされていくのも特徴的です。

極論を言うと、AI作詞を使うことで、音楽の専門知識や経験がなくても誰でも簡単に作詞作曲ができます。知っておく必要があるのは、ChatGPTへ入力するプロンプトくらいでしょうか。プロンプトと言っても、要はご自身の要求を「より明確にする」作業です。いかがでしょうか? 音楽の知識がなくてもできそうですよね。

AIの歌詞創作とセンスの関係

AIの歌詞創作とセンスの関係

AIが歌詞を作ってくれるのはありがたいけど、「正直AIが作る歌詞とかセンスが悪いでしょ」と思う方もいるかもしれません。

しかし、今後AIが歌詞にセンスを持つことはありえることでしょう。その理由は、センスとAIの学習が実は似ているからです。

ダイヤモンドオンラインの特別対談記事でも「センスとはデータ重視の価値観のこと」と主張されております。

参考:https://diamond.jp/articles/-/62977

機械学習の手法の一つであるディープラーニングの考え方は「統計学」がベースになります。AIを使うと見えていない情報や未来のことを高い精度で予測することができます。

なぜなら、データに裏づけされたものを利用して、情報が提供されるからです。

したがって、指定した条件に関連するデータを基に歌詞が自動生成されるので、センスのある歌詞に仕上がることが期待できます。

参考:https://zenn.dev/nekoallergy/articles/stat-basic-overview01

AIが自動生成した秀作

ここでは、AIが自動生成した歌詞をいくつかご紹介します。

まず1つ目ですが、ChatGPTが提案してきた歌詞です。

AIが自動生成した秀作

もう1つは、YouTubeに公開されているミュージックビデオです。

AI作詞家VTuber「fuwari」が歌う第4弾シングル『FUWALUTION』の歌詞の一部をご紹介します。

こちらも文章生成AIで歌詞が作られております。

  1. 未来は希望へ変わって 僕を連れ去ったよ
  2. 今 君 見つめて 未来を探したい君と
  3. ここで僕たち 繋がってく明日に願っている
  4. どんなに離れても 今 この時代の中 信じるよ
  5. 見上げると月が輝いて ずっと何度も言ってた
  6. いつか君と僕  時が過ぎて 時を超えてゆく
  7. 君と見た夢の景色 なぞり描き 思い出す
  8. いつも通りの景色 ゆらいでいる
  9. あのころ輝いていた あの夜にとけていった
  10. 見慣れた日常のどこかで 同じように人は
  11. 生きてる世界が 変わるかもしれないことを
  12. 知らず僕らはここにいる 君には見えていたの
  13. 君のため 僕らは戦う 本当の愛のため
  14. 心が壊れるような嘘 裏隠して壊れた時計 
  15. 見つめ続けてる

AI作詞・歌詞自動生成のメリット・デメリット

次はAI作詞・歌詞自動生成のメリット・デメリットを見ていきましょう。

AI作詞・歌詞自動生成のメリット

ここでは、AI作詞を使うメリットをご紹介します。

なんと言っても、ウェブ上で指示すると一瞬で歌詞ができあがるスピード感がウリです。

歌詞制作にかかる時間を短縮できたら、他の作業に時間を費やすことができますよね。

家の中でじっくりと歌詞を考える時間を、外に出てインスピレーションが浮かぶような活動に充てましょう。

そうすることによって、歌詞のクオリティが上がり、さらにはマーケティング活動にも活きていくことでしょう。

AI作詞・歌詞自動生成のデメリット

もちろんメリットだけではなく、AI作詞を使うデメリットもあります。

まずは、未だ不透明な部分が多い「著作権」でしょうか。

著作権については、サイトやツールによって異なります。

さらには、自動生成されてくる歌詞が、オリジナル感のあるものなのかも疑問点の一つです。

自動生成された歌詞を使用する際には気をつけたい点ですね。

また、この素晴らしい技術に頼りすぎる弊害も出てきます。

頭で考えることが少なくなるため、作詞家のクリエイティブな能力が低下する可能性がありますよね。

今後、AI作詞がスタンダードになってくると、どんどんと人間の考える力が衰えていく恐れがあります。

それらに加えて、歌詞のテーマや感情の表現において、まだまだ改善の余地があります。

いずれは人間の手直しが不要なくらいのクオリティになってくるのかもしれません。ただ、現時点では、こまめに修正して仕上げる必要があります。

AI作詞・歌詞自動生成ツールを活用するコツ

AI作詞・歌詞自動生成ツールを活用するコツ

この世の中には、本当に使えるツールがたくさん出てきました。

ただし、これを使いこなせるだけの知識とコツを身につける必要があります。そうすることで、理想に近い作品を作り上げることができます。

逆にツールを使いこなせないと、いつまで経ってもオーソドックスな方法でしか作業できません。

AIと共同作業で歌詞をカスタマイズ

使い方のコツはAIに任せっきりにするのではなく、AIと共同作業で歌詞をカスタマイズしていくという意識を持つことです。

AI作詞は、条件を指定することで高品質な歌詞を瞬時に作成してくれます。

これらのツールでベースとなる歌詞を作成し、さらにカスタマイズしていくことで、より個性的な歌詞に仕上げることができます。

AIツールを継続的に学習

みなさんも既に体感されているように、目まぐるしくテクノロジーが変化しています。

より良い作品を作っていくためのもう一つのコツは、進化していくツールのアップデートの感度を高めることです。

そうすることで、ツールの使い方に慣れていき、より品質の高い歌詞が作れるようになります。

誰でも簡単にAIで作詞作曲できたら社会はどう変わるか?

これまでにご紹介してきたように、今の世の中はAIを使って作詞や作曲ができるようになっています。

現在のAI技術では、これまでのヒット曲を学習して曲を作り出すことができます。

また、これらAIの技術を使って作詞作曲をする人が増えてきていますよね。

つまりは、変わり映えのない、ありきたりな感じの曲になってしまう可能性があります。

現時点では、AIの技術を使ったとしても、斬新な音楽が生まれてくることは難しいでしょう。そういった意味においては、既存の音楽が自動生成されてくることが考えられます。

これまでと同様のスタイルでは、今後ヒットするかどうかは分かりません。

ヒットソングを生みだすためには、これまでとは一味違う曲である必要がありますよね。

作詞作曲できるAIはミュージシャンの代わりになるのか?

ここで考えたいのは、作詞作曲ができるAIは今後「ミュージシャン」の代わりになっていくのかということです。

結論として、ミュージシャンの代わりになる可能性は低いと思われます。実際、今年2月13日付けのBBC Newsによると、フランス出身のDJ/音楽プロデューサーであるDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)は「ミュージシャンは新たなサウンドを作るための”ツール”としてAIを使用するだろう。新しい音楽のスタイルは新しいテクノロジーから生まれる」と主張しております。

参考:https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-64624525

この章でお伝えしたいことは、AI作詞ができるようになれば社会はどう変わっていくのかという点です。AI技術はミュージシャンにとって、一つの革命になるでしょう。

ただし、現段階では、AI技術がミュージシャンの代わりになることはなく、新たなサウンドを生み出したり、歌詞のアイデア出しをする「ツール」として活躍していくはずです。

今後、さらにAI技術が改良されていくことで「センス」を身につけていく可能性があることは、念頭に置いておく必要がありますね。

AIが自動作成した歌詞は著作権侵害になるか?

最後にAIが自動作成した歌詞の著作権について触れておきたいと思います。

せっかく歌詞を自動作成したのに、世の中にリリースできないのであれば意味がありません。また、著作権侵害で訴えられたりすると、たまったもんじゃありませんよね。だから、著作権について把握しておく必要があります。

AI自動生成の歌詞が著作権侵害にあたるかどうかは、未だに定論がありません。

結論としては、歌詞自動生成サービスの開発・運営側によって異なります。

たとえば、ChatGPTに関しては、自動生成された歌詞はChatGPTに帰属します。そのほかの歌詞自動生成ツールに関しては、ユーザーに帰属する場合もあります。このようにサービスの開発者によって異なってきます。

さらに、国ごとによってもAI創作物の著作権に対する考え方が異なります。また、これからテクノロジーの発展と慣行が進むにつれて、新たに法律が整えられていくことも考えられます。したがって、著作権に関して「グローバルで通じる基準がない」というのが現状です。

参考:https://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/737326.html

これからの時代になくてはならない存在の生成系AI。新しいテクノロジーを使って、素晴らしい人生を送るためにも、本記事をしっかりと読んで「新たな一歩」を踏み出してくださいね!

歌詞作成のほかにもAIにはいろんなことができます。例えば、VidnozAI音声読み上げなどがあります。使ってみてください。

Vidnoz AIでテキストを音声に読み上げ

AIでテキストを音声に読み上げ - 無料&商用利用可

様々な音声、言語、文化の自然な音でテキストを読み上げます。 今すぐ無料でお試しください!

 

作者情報
authot

中村正弘

動画マーケティングで10年以上の経験を持つ専門家。 動画マーケティングの効果的な方法や事例、トレンドを知りたい、BtoCマーケティング担当者向けに、動画広告のノウハウ、動画制作や配信のヒントやアイデアを発信します。