毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • AI実写化とは?用いるAI技術は? 
  • 今回使用されるAI実写ツールの紹介 
  • AI実写化のやり方|Artbreederを用いて説明 
  • AI実写のまとめ

公式SNS、フォローお願いします♪

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用!

AI実写|アニメキャラ・本命を実写化のやり方はここ!本命を生み出そう

作者- 佐々木誠

佐々木誠

最終更新日

アニメのキャラクターが現実の顔にAI実写され、あなたに話しかけてくるのを見たいですか?この記事で「AI実写化のやり方」を勉強して、オンラインで素早く本命と会おう!

アニメキャラクターを実写化・リアル化

近年、アニメキャラクターを実写化・イラストリアル化した画像を見かけることが多くなりました。

実写化・リアル化は難しい技術に思えますが、実は初心者でも簡単に挑戦できます。実写・リアル化に特化した無料AIサービスを利用するというものが挙げられます。

今回は、そんなArtbreederに用いられているAI技術や特徴、使い方についてご紹介します。

好きなアニメキャラクターのイラストを無料でリアル・実写化してみたい方はもちろん、Artbreederの待ち時間が長いと感じている方もぜひ最後までご覧ください。 

目次
  • AI実写化とは?用いるAI技術は? 
  • 今回使用されるAI実写ツールの紹介 
  • AI実写化のやり方|Artbreederを用いて説明 
  • AI実写のまとめ

AI実写化とは?用いるAI技術は? 

AI実写・リアル化に用いるAI技術

notice

AI実写化とは人工知能(AI)技術を使用して、デジタルメディアやコンピューターグラフィックスで作成されたコンテンツを、現実の物体や風景に非常に似せることを指します。これは、ビデオゲーム、映画、アニメーション、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)など、さまざまな分野で利用されています。

インターネットなどで手軽に画像を生成できるAIツールは、主にディープラーニングという技術が使われています。

今回ご紹介するリアル・実写化に用いるAI技術には、生成型AIのディープラーニング技術が使われています。

これは「深層生成モデル」や「ジェネレーティブAI」とも呼ばれており、クリエイティブな成果物を作り出してくれるのが特徴です。

実写・リアル化AIツールでは、アップロードされた画像の特徴を学習することから始まるため、しっかりと特徴を捉えた画像が生み出されるようになっています。 

 VidnozAIアバター作成機能もこの技術を使っています!

AI喋らせるアバターを作成する - 無料

  • 違う文化からの800+リアルなアバター
  • 口と動き、ナレーションが同期可能
  • 複数のアクセント付きの140+言語サポート
Vidnoz AI喋らせるアバターを作成する Vidnoz AI喋らせるアバターを作成する

今回使用されるAI実写ツールの紹介 

今回実写化に使用するツールは「Artbreeder」です。

Artbreederの基本情報や無料体験についてご紹介します。 

今回実写化に使用するツールは「Artbreeder」

AI実写ツールの基本情報 

Artbreederは、画像を元にリアル・実写化してくれるツール「スプライサー」が備わったAIサービスの1つです。

AIイラストを実写化できるサイトです。絵をにリアルにすることや漫画キャラをAIで実写化することができるウェブアプリです。

年齢や人種、性別なども自由に調整できるため、満足のいく仕上がりが期待できるのもArtbreederの特徴です。

Artbreederではスプライサーの他に、画像とテキストから画像を生成するツール「ミキサー」や、簡単な図形や画像、テキストから画像を生成するツール「コラジャー」も利用できます。

生成された画像がアップロードされるまでの時間は最大1時間となっています。 

Vidnoz顔入れ替えサイト

Vidnoz顔入れ替えサイト

FREE

写真・画像・動画・GIFの顔入れ替えは簡単操作3ステップでできます!Vidnoz顔入れ替えサイトでイメチェンしてみましょう!

Vidnoz顔入れ替えサイト

AI実写ツールArtbreederは無料で利用できる? 

Artbreederは無料でも利用可能です。

毎月10クレジットが付与されるため、3枚までならアップロードが可能です。

元にしたい画像の数に制限はあるものの、生成自体は無料で行えます。

画像を4枚以上上げたい場合や全ての機能をとことん使いたい場合は、プランに加入する必要があります。

Artbreederには4つのプランが用意されており、Free:0ドル、Starter:8.99ドル、Advanced:18.99ドル、Champion:38.99ドルです。

有料プランでは枚数の制限が増えるだけでなく、素早く画像をアップロードできるようになります。 

AI実写化のやり方|Artbreederを用いて説明 

実際にArtbreederを用いて、アニメキャラのAI実写化・リアル化のやり方をご紹介します。

アニメキャラ実写化のやり方1|アップロード時間待ちたくない方

Artbreederのスプライサー機能を使う場合、元にしたい画像のアップロードには最大1時間かかってしまうことがあります。

好きな本命キャラクターリアル・実写化したいけど待ちたくない方は、ギャラリーから選んで好みのキャラクターに加工できます。

まずはアップロードを待ちたくない方向けの加工方法をご紹介します。

  • アニメキャラを探してリアル化の加工を行う例①Levi Ackerman

アニメキャラを探してリアル化の加工を行う例①Levi Ackerman

①まずはArtbreederを開き、右上の「ブラウザ(Browse)」をクリックし、ページの下にある検索バーに本命キャラクターの名前を入力します。

ここではLevi Ackermanを例として加工をしていきます。

Levi Ackermanリアル化1

②出てきた画像の中から好みのものをクリックし、「スプライサーでリミックス(Rimix in splicer)」を選びます。

Levi Ackermanリアル化2

③画面右側にある「+遺伝子(genes)」を操作して好みのキャラクターになるように加工していきます。 

このように、ギャラリーから選んで加工する方法であれば、それほど時間を待たずに本命キャラクターを実写・リアル化することができます。

一般的にも人気の高いキャラであればギャラリーにも多くの画像があるため、時間を気にせずに楽しめるでしょう。

今回は、目を閉じる加工がポイントです。

元々開いていた目を閉じさせるので、かなり難易度が高い加工に思えますが、Artbreederではとても自然に表現することができました。 

  • アニメキャラを探してリアル化の加工を行う例②Haruno Sakura 

アニメキャラを探してリアル化の加工を行う例②Haruno Sakura 

ギャラリーから選んで好みのキャラクターに加工する方法をおさらいしてみましょう。  

①まずはArtbreederを開き、右上の「ブラウザ(Browse)」をクリックし、ページの下にある検索バーに本命キャラの名前を入力します。

今回はHaruno Sakuraを例として加工をしていきます。

Haruno Sakura リアル化1

②出てきた画像の中から好みのものをクリックし、「スプライサーでリミックス(Rimix in splicer)」を選びます。

Haruno Sakura リアル化2

③画面右側にある「+遺伝子(genes)」を操作して好みのキャラになるように加工していきます。

キャラクターの雰囲気は、「性別(gender)」や「年齢(age)」だけでなく、「混沌(chaos)」や「人種(race)」を操作することで大きく変えることも可能です。 

今回調整したセクションは、「混沌(chaos)」「人種(race)」「明るさ/彩度(brightness/saturation)「表情/感情(expression/emotion)」「髪と目(hair and eyes)」になります。

それぞれの項目で度合いを細かく調整できます。

アニメキャラ実写化のやり方2|リアリズムを追求・待っていてもいい方 

次に、ギャラリーにはない本命キャラクターやアップロードを待っても良い方、好きな画像を実写・リアル化してみたい方におすすめの方法です。

ここでは、人気アニメキャラの「キリト」「四宮かぐや」「剛田武」を例に行っていきます。

実写・リアル化する手順についてもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。 

  • アニメキャラリアル化例①キリト(Kirito)

①スプライサーのアップロードボタンをクリックし、好きな画像を選んでください。 

キリト(Kirito)リアル化1

②完了したら加工したい画像を選び、「スプライサーでリミックス(Rimix in splicer)」をクリックします。

キリト(Kirito)リアル化2

③画面右側にある「+遺伝子(genes)」を操作して好みのキャラクターになるように加工していきます。

キリト(Kirito)リアル化3

加工なしの状態だと、実写・リアル化が完了していないイメージです。

キャラクターの雰囲気は、「性別(gender)」や「年齢(age)」、「混沌(chaos)」や「人種(race)」を操作すると良いでしょう。

今回調整したセクションは、「性別(gender)」「年齢(age)」「混沌(chaos)」「人種(race)」「表情/感情(expression/emotion)」です。

もう1つの方法として、画面上にある「親の追加(Add Parent)」から、そのキャラクターに似ている画像を選び、より好みの人物像に近づける方法もあります。

アップロードした画像がイメージと違う場合は試してみても良いかもしれません。

元の画像に関しては、キャラクターの特徴がはっきりと分かりやすいもの、正面を向いているもの、動きがシンプルなものがおすすめです。

横を向いているものや複雑な動きがある画像は、AIが特徴を捉えづらくなってしまうため避けるのが無難でしょう。

動きや雰囲気は実写・リアル化した後に加工の工程で加えられるため、なるべく分かりやすい画像を選んでみてください。

  • アニメキャラリアル化例②四宮かぐや (Kaguya-sama,Kaguya shinomiya)

 髪や目などを変更する時は注意が必要です。

画像全体の色が同時に変わってしまうこともあるため、髪や目の色だけを変えたい時は少しずつバーを操作しましょう。

髪や目の色味にこだわりがある場合は、他のツールを併用して変えていくと良いでしょう。 

四宮かぐや (Kaguya-sama,Kaguya shinomiya)リアル化1

四宮かぐや (Kaguya-sama,Kaguya shinomiya)リアル化2

  • アニメキャラのリアル化例③剛田 武 (Big G)

剛田 武 (Big G)リアル化1

剛田 武 (Big G)リアル化2

この例に関しては、「混沌(chaos)」を操作するだけでもかなり雰囲気が変わりました。

元々のキャラクターの特徴をしっかりと捉えた画像になったと言えます。

しかし、どの例でも同様にキャラクターを日本人風に仕上げるのは少し難しい傾向にあるようです。

「人種(race)」を大きく操作すると2次元感が強く出てきてしまうため、少しずつ増やしたり減らしたりするのがおすすめです。

AI実写のまとめ

Artbreederを使って好きなキャラクター本命を簡単にリアルな人に変換できます。

あとは細部のパーツを自分好みに微調整するだけで立体的な人物が出来上がります。

もちろん、vidnozのツールを使って、テキストからリアルなスタイルのキャラクター本命を直接生成することもできます。

vidnozの音声読み上げを使ってボイスオーバーを作成し、面白いビデオを作ることもできます!

作者情報
authot

佐々木誠

マーケティング業界経験12年目以上、ブランド認知度を高めるための広告、PR、イベントなどのマーケティング施策を企画・実施に携わり、MAツールの導入・改善により、リード獲得数やコンバージョン率の向上を支援します。