毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • PR動画とは
  • PR動画を取り入れるメリット
  • PR動画の作り方
  • PR動画の魅力を最大化する3つのコツ
  • PR動画に求められるものを明確にする
  • 面白いPR動画3選
  • 個性的で面白いPR動画を作って他と差別化しよう

公式SNS、フォローお願いします♪

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用!

魅力的なPR動画を作成しよう!面白いと話題の動画事例もご紹介

作者- 中村正弘

中村正弘

最終更新日

PR動画とは何か、動画のメリットを紹介し、作り方とPR動画の魅力を最大化するコツも解明いたします。面白いPR動画例を観ながら学んで行きましょう!

PR動画とは?魅力を最大限にするコツ!面白いPR動画も紹介

PR動画は商品やサービスを知ってもらうだけではなく、自治体の取り組みを知ってもらいたい時や採用活動を行う時にも取り入れられます。

PR動画をうまく活用することによって、認知度の向上やブランディングに役立ちます。

動画にすることで、より多くの情報を伝えられる点も魅力の1つです。

商品やサービスなどの価値を知ってもらいたい時に、効果的な方法として取り入れるケースが増えています。

今回は、そんなPR動画とは、PR動画の作成方法や面白い事例などをご紹介します。

目次
  • PR動画とは
  • PR動画を取り入れるメリット
  • PR動画の作り方
  • PR動画の魅力を最大化する3つのコツ
  • PR動画に求められるものを明確にする
  • 面白いPR動画3選
  • 個性的で面白いPR動画を作って他と差別化しよう

PR動画とは

PR動画とは

PR動画の内容は多岐にわたり、商品やサービス、会社の紹介などがあります。

商品やサービスに関しては、実際に使っている様子やスペックの紹介、実際に使った人のレビューの紹介といった内容で動画を作るケースが多いです。

会社の紹介はブランディングにもつながります。

企業の取り組みや職場環境、従業員の紹介などを動画にして、採用活動に活用している企業もあります。

また、個人でもクリエイティブな活動を行っている場合は、PVを作成して動画共有サイトに投稿することで、自身の活動をPRできます。

実写だけではなくアニメーションを用いた動画もあり、作り込もうと思えばいくらでも作り込めます。

PR動画を取り入れるメリット

PR動画を取り入れることで得られるメリットはたくさんあります。

続いては、どのようなメリットが得られるのかみていきましょう。

情報量が多い

動画にすることで、紙媒体のチラシよりも多くの情報を盛り込めます。

動画が持つ情報の量は、James L. McQuivey博士が発表した研究結果によると、1分の動画は180万字相当の情報が詰まっており、ネット記事にすると3,600ページ分に相当するとしています。

動画の場合は、音声もあるので聴覚的な情報を含むためです。

動きもあるので、細かなニュアンスも伝えやすくなります。

CGやアニメーションでブランドの魅力を伝えやすくなる

動画は実写だけではなく、CGやアニメーションを駆使して作り込みます。

ブランドのイメージなど抽象的なものをCGやアニメーションで表現できれば、魅力を伝えやすくなるのです。

BtoBの商材を取り扱っている場合にも効果的です。

時間や場所の制約がない

スマートフォンが普及し、動画を視聴する人も多いです。

YouTubeなどの動画配信サイトでPR動画を運用すれば、時間や場所にとらわれることなく宣伝できます。

訪日観光を目的としたインバウンド動画もYouTubeなどと相性が良いです。

PR動画の作り方

PR動画の作り方

PR動画の作り方は、自分で作成する方法と制作会社に依頼する方法の2つに分けられます。

それぞれの作り方も確認しておきましょう。

自分で作成する

予算を抑えたい、動画制作の知識やスキルがある、簡単なPR動画で問題ない、といった場合は、自分で作成するのがおすすめです。

簡単なPR動画ならハウツー動画説明動画のように自分で作るのはよくあることです。

PR動画の作成には、まず企画を立てて構成を考えていきます。

企画・構成の段階でペルソナを決めておくと、より効果的な動画を作りやすくなります。

そして、適切なツールを使えば、時間の節約にもなりますので、操作が簡単なVidnozを利用するのがおすすめです。

包括的な動画作成・自動化プラットフォームーVidnoz

動画の作成、カスタマイズ、共有、視聴データの分析を一括で行うことができ、作業の効率を向上させます。

  • 内蔵の画面録画機能を使って、説明動画やチュートリアル動画の作成に役立てます。
  • 動画にクリック可能なCTAボタン、投票、ユーザーフォームを追加して、インタラクションを強化します。
  • 動画をメインのプラットフォームに一括で共有可能です。
  • 詳細なインサイトにより、動画のパフォーマンスを追跡できます。
notice

自社内で企画から動画の制作まで完結している場合、著作権は法人名義となるので覚えておきましょう。一部でも外部に委託した場合は、法人の著作権は認められません。著作権が帰属するのが誰なのかによって、動画の利用方法や公開期間などが制限されてしまう可能性もあるため、自由度の高い動画を作りたいなら最初から最後まで一貫して制作するのがおすすめです。

制作会社に依頼する

ハイクオリティなPR動画を作成したいなら、プロである制作会社に依頼することになります。

制作会社によって得意なジャンルが異なるため、依頼先はしっかりと吟味する必要があります。

また、料金形態も制作会社によって異なるので、どのようなプランがあるのかといった点も確認しておきましょう。

いずれの方法であっても、PR動画を作る目的や求められているものは把握しておかなければいけません。

より魅力的なPR動画にするためのコツは以下のとおりです。

PR動画の魅力を最大化する3つのコツ

PR動画を作るなら、魅力を最大限に引き出すことがポイントになります。

魅力的でなければ、商品やサービスなどの魅力を感じてもらいにくくなってしまうからです。

ここでは、PR動画の魅力を最大化するために知っておきたい3つのコツをご紹介します。

PR動画に求められるものを明確にする

PR動画を作るなら、何を求められているのか明確にしましょう。

求められるものが明確になれば、より効果的なPR動画を作りやすくなります。

  • 明確なメッセージ

PR動画を作る目的が商品の宣伝なのか、企業のイメージアップなのか、人材確保のためなのか、などによって盛り込むメッセージは変わってきます。

  • 引き付けるストーリーテリング

数十秒〜1分ほどの動画にストーリー性を持たせることもポイントです。

ストーリー性があると、つい長く視聴したくなります。

商品やサービスへ興味を持つきっかけにもなるでしょう。

  • 目的とターゲットに合わせた配信

目的によってターゲット層も変わります。ターゲットを絞り込み、それに合わせたPR動画を製作すると指示されやすくなります。

撮影機材より他の動画と差別化するアイディアに力を入れる

動画を撮影する際は、機材が何よりも重要だと考える人もいます。

確かに機材も重要ですが、それよりも他と差別化できるようなアイディアを生み出すことが大切になります。

動画自体のクオリティが高くても、内容がありきたりだと見ている人も心には響きにくいです。

しかし、機材よりもアイディアに特化したPR動画は「変わっていて面白い」と感じてもらえます。

宣伝効果が大きくなるのは、機材よりもアイディアにこだわって作成されたPR動画ということになります。  

見た人の感想を確認し、改善する

見た人からの感想は、真摯に受け止めるようにしましょう。

第三者から見てもらうことで、想像をしていなかったような感想をもらえることがあります。

また、自分たちだけでは気が付けなかった改善点を指摘してもらえる場合もあるのです。

より効果的なPR動画を作るためにも意見や感想を受け止め、改善を繰り返していくのがおすすめです。

そうすることで、より効果的なPR動画を作ることにつながり、成果も出やすくなります。

面白いPR動画3選

個性的で面白いPR動画も数多くあります。

最後に、面白いと話題になったPR動画を3つピックアップしてご紹介します。

フランス語に聞こえる方言が話題になった小林市の移住促進PR動画

小林市の魅力を旅行者のようなフランス人男性が語っている動画です。

個性的な魅力を面白おかしく伝えています。

動画内ではフランス語を話しているように聞こえますが、実は宮崎県西部の方言・西諸弁で話しています。それが大きな話題を呼び、注目を集めました。

記憶に残りやすく、認知度拡大につながったビズリーチのCM

ビズリーチのCMは、認知度の定着がうまくいった事例の1つです。

サービスに関する説明はされていないものの、「ビズリーチ」という企業名をひたすら連呼しています。

連呼することで、サービス名を知ってもらおうという作戦です。

短い動画を効果的に使っている事例だと言えます。

あえてサービスを説明しないという斬新なアイディアが成功のカギになっています。

土木工事の魅力を伝える採用動画

「土木工事で仕事をしながら筋肉ムキムキになろう」というキャッチコピーで求人への募集を促すPR動画です。とてもシュールな映像で見ていて楽しい気分になります。

この動画を見たことがきっかけとなり、株式会社川邊組で働いてみたいという気持ちになる人もいるはずです。全身真っ白でシュールなパフォーマーとドボクサイズをしている様子は記憶にも残ります。

これらの動画は、アイディアで成功した事例だと言えます。同じようなことを発信しても、よくあるPR動画ではそこまで興味を持ってもらえません。

しかし、独自のアイディアを盛り込むことによって他との差別化ができます。その結果、注目を集めるようになり、反響も大きくなっていきます。

個性的で面白いPR動画を作って他と差別化しよう

PR動画を導入することによって、商品やサービス、自治体などの魅力を発信できます。

動画にすると、紙媒体のチラシよりも多くの情報を盛り込めるため、より訴求しやすくなります。

見ている側も感情移入したり、面白いと感じたりしやすくなるといったメリットも生まれるので取り入れる価値は大いにある宣伝方法です。

自作する場合も制作会社に依頼する場合も、独自性のある内容にすることが成功の秘訣と言えます。

当記事で紹介した面白いPR動画で成功した事例も参考にしながら、アイディア出しをしてみてください。

作者情報
authot

中村正弘

動画マーケティングで10年以上の経験を持つ専門家。 動画マーケティングの効果的な方法や事例、トレンドを知りたい、BtoCマーケティング担当者向けに、動画広告のノウハウ、動画制作や配信のヒントやアイデアを発信します。