毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • アカデミー賞とは?オスカー賞とは?
  • 今回受賞したのは?
  • 第96回アカデミー賞の受賞リスト
  • ジブリ映画TOP 4紹介
  • あなたが思うアカデミー賞を表彰してみよう

公式SNS、フォローお願いします♪

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用!

21年ぶり!宮崎監督アニメにアカデミー賞2024受賞

作者- 七瀬 叶梨

七瀬 叶梨

最終更新日

アカデミー賞2024の結果が公開されました。21年ぶりに、日本の作品が2度目にこの栄冠を手に入れました。今回受賞したのは?この記事で、今回受賞した日本の作品をご紹介します。

米国時間3月10日に、第96回アカデミー賞2024の授賞式が、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催され、アカデミー賞2024の結果を公表しました。

21年ぶりに、日本の作品が2度目にこの栄冠を手に入れました。今回受賞したのは、宮崎駿監督『君たちはどう生きるか』が長編アニメーション賞、山崎貴監督の『ゴジラ-1.0』が視覚効果賞を受賞しました。

前回は、21年前の2003年に、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が受賞しました。

vidnozオスカーテンプレート

notice

見出し画像はVidnoz AIの無料テンプレートで作成しました。

Vidnoz AIは無料のオンラインでAI動画を作成できるサイトで、常に更新されている数多くのテンプレートが大好評されている特徴の一つです。

400以上の無料テンプレートが全てVidnozの数十人のデザイナー チームがデザインしたもので、Vidnozの利用者が著作権を心配する必要がなく、個人利用も、商用利用も使えます。AIで会社紹介動画、製品PR動画、自己紹介動画などプレゼン動画を自作するには、とてもおすすめなツールです。

また、Vidnoz AIは先進的なAIツール開発に取り組んでおり、AI顔入れ替えAI音声読み上げ画像をAIに喋らせるなど便利なAIツールを多く扱っております。

Vidnoz AI - 顔写真動かしツールで魅力的なAI動画を作成しよう

  • リアルなアバターで専門的なAI動画を簡単に作成する
  • 多言語サポートのAI音声読み上げ機能
  • 800+動画テンプレートで様々なシーンに対応
  • URL、PDF、PPTなどから動画を作成する
目次
  • アカデミー賞とは?オスカー賞とは?
  • 今回受賞したのは?
  • 第96回アカデミー賞の受賞リスト
  • ジブリ映画TOP 4紹介
  • あなたが思うアカデミー賞を表彰してみよう

アカデミー賞とは?オスカー賞とは?

アカデミー賞(英:Academy Awards)は、アメリカ映画の健全な発展を目的に、キャスト、スタッフを表彰し、その労と成果を讃えるための映画芸術科学アカデミー(AMPAS)による映画賞で、オスカー(The Oscars)としても知られています。

アカデミー賞の授賞式はいつ?

毎年2月末から3月初めにロサンゼルスのドルビー・シアターで授賞式が行われ、前年の作品が対象となります。アメリカ国内の特定地域で公開された作品を選考対象とし、映画産業全般に関連した業績に対して贈られます。

アカデミー賞の賞金は?

オスカー像と呼ばれる金メッキの人型の彫像が受賞者に贈られ、賞金は付与されません。授賞式はアメリカでは非常に注目度の高いイベントであり、世界中で視聴されています。

 

アカデミー賞は、映画産業において最も権威のある賞の一つであり、受賞結果は各国の興行成績に多大な影響を与えることもあります。映画の健全な発展と才能ある映画制作者の表彰に貢献しています。

今回受賞したのは?

第96回アカデミー賞(2024年)で日本の作品が受賞したのは以下の2つです。

1. 『ゴジラ-1.0』

第96回アカデミー賞 - 視覚効果賞を受賞しました。

『ゴジラ-1.0』は2023年11月3日(金)公開された日本映画です。戦後間もない日本を舞台に描かれる、山崎貴監督による怪獣映画です。略称は「マイゴジ」。

第96回アカデミー賞受賞作品『ゴジラ-1.0』

以下は作品の概要です:

  • タイトル:ゴジラ-1.0(英題:GODZILLA MINUS ONE)
  • 監督:山崎貴
  • 出演者:神木隆之介、浜辺美波、山田裕貴、青木崇高、吉岡秀隆、安藤サクラ、佐々木蔵之介
  • 上映時間:125分
  • 製作国:日本
  • 言語:日本語

この作品は、戦後の日本を舞台に、ゴジラが現れて国を破壊しようとする状況を描いています。タイトルに付けられた「-1.0」は、「戦後、無(ゼロ)になった日本へ追い打ちをかけるように現れたゴジラがこの国を負(マイナス)に叩き落とす」という意味を持っています。

2. 『君たちはどう生きるか』

第96回アカデミー賞 - 長編アニメーション賞を受賞しました。

『君たちはどう生きるか』は、2023年7月14日に公開されたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画です。監督は宮崎駿氏が務め、原作・脚本・監督を手掛けています。

第96回アカデミー賞受賞作品『君たちはどう生きるか』

以下は作品の概要です:

  • タイトル:君たちはどう生きるか(英題:The Boy and the Heron)
  • 監督:宮崎駿
  • 声優:山時聡真、菅田将暉、柴咲コウ、あいみょん、木村佳乃、木村拓哉、大竹しのぶ、竹下景子、風吹ジュン、阿川佐和子、滝沢カレン、國村隼、小林薫、火野正平
  • 上映時間:124分
  • 製作国:日本
  • 言語:日本語
  • 制作会社:スタジオジブリ
  • 配給:東宝、GKIDS

この作品は、戦後の日本を舞台に、母親を失った少年・眞人が、新たな母親である夏子とともに暮らす庭園家屋で、不思議な世界へと足を踏み入れるストーリーを描いています。夏子を探しに幻想的な「下の世界」へと向かう冒険活劇ファンタジーです。

 

この作品は、宮﨑駿監督による長編作品としては、2013年公開の『風立ちぬ』以来10年ぶりとなります。

また、公開前および公開後に一時的に情報を一切明かさないトップシークレットな手法で知られています。昨年7月14日、この映画は何の宣伝もないまま、公開3日で総興行収入が183億円を突破し、今年の日本で3番目に高いオープニング週末興行収入を達成しました。海外での公開も興行収入と評判の両方で大成功し、北米市場で最も成功した日本のオリジナルアニメーション映画となりました。

『君たちはどう生きるか』

『君たちはどう生きるか』はアカデミー賞以外、第15回TAMA映画賞の特別賞、第48回トロント国際映画祭の観客賞、第89回ニューヨーク批評家協会賞の最優秀アニメーション賞、第95回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の作品賞トップなども受賞しました。

第96回アカデミー賞の受賞リスト

第96回アカデミー賞(2024年)で受賞した作品と監督、主演俳優、主演女優、助演俳優、助演女優などの受賞者をご紹介します。

  • 作品賞:『オッペンハイマー』
  • 監督賞:ヨルゴス・ランティモス(『哀れなるものたち』)
  • 主演男優賞:キリアン・マーフィー(『オッペンハイマー』)
  • 主演女優賞:エマ・ストーン(『哀れなるものたち』)
  • 助演男優賞:ロバート・ダウニー・Jr.(『オッペンハイマー』)
  • 助演女優賞:ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ(『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』)
  • 脚本賞:ジュスティーヌ・トリエ&アルチュール・アラリ(『落下の解剖学』)
  • 脚色賞:コード・ジェファーソン(『アメリカン・フィクション』)
  • 視覚効果賞:『ゴジラ-1.0』
  • 編集賞:『オッペンハイマー』
  • 美術賞:James Price, Shona Heath, Zsuzsa Mihalek(『哀れなるものたち』)
  • 音響賞:ターン・ウィラーズ、ジョニー・バーン(『関心領域』)
  • 撮影賞:ホイテ・ヴァン・ホイテマ(『オッペンハイマー』)
  • 作曲賞:ルドウィグ・ゴランソン(『オッペンハイマー』)
  • 歌曲賞:バービー(『What Was I Made For?』)
  • 長編アニメーション賞:『君たちはどう生きるか』
  • 短編アニメーション賞:『War is Over! Inspired by the Music of John and Yoko』
  • 長編ドキュメンタリー賞:『実録 マリウポリの20日間』
  • 短編ドキュメンタリー賞:『ラスト・リペア・ショップ』
  • 短編実写映画賞:『ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語』

素晴らしい成果を収めた受賞者たちにおめでたい気持ちです。

ジブリ映画TOP 4紹介

日本の作品は今回、初めて2つもの作品が受賞しましたが、宮崎駿監督の作品は、2度目の受賞です。前回の受賞は21年前の2003年に、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』がの受賞でした。

宮﨑駿監督は、ジブリの創設者として、アニメーション映画の歴史に大きな足跡を残しています。

スタジオジブリは、もともと宮崎駿監督と鈴木敏夫が、自分たちのおもしろいと思う映画を気兼ねなく作るために立ち上げた会社です。

宮﨑駿監督は、ジブリの創設メンバーであり、多くの名作アニメーション映画を手がけています。彼の作品は、幻想的で深い哲学的テーマ性を持ち、視覚的にも美しく描かれています。代表作には『千と千尋の神隠し』、『風の谷のナウシカ』、『もののけ姫』、『天空の城ラピュタ』などがあります。

スタジオジブリのトップ作品紹介

1. 『千と千尋の神隠し』

『千と千尋の神隠し』は、2001年に公開された日本の長編アニメーション映画です。原作・脚本・監督は宮崎駿氏が手がけており、その独創的で圧倒的なイマジネーションによって描かれています。

『千と千尋の神隠し』

以下は作品の概要です:

  • タイトル:千と千尋の神隠し(英題:Spirited Away)
  • 監督:宮崎駿
  • 声の出演者:柊瑠美、入野自由、夏木マリ、内藤剛志、沢口靖子、上條恒彦、小野武彦、菅原文太
  • 上映時間:124分
  • 製作国:日本
  • 言語:日本語(各言語による吹替・字幕あり)
  • 興行収入:316億8,000万円(日本歴代興行収入第1位)
  • 公開日:2001年7月20日(金)

物語は、不思議な町に迷い込んでしまった少女・千尋が、湯婆婆の支配する湯屋で働きながら、ブタになってしまった両親を戻し、元の世界に戻るまでの冒険を描いています。この作品は、宮崎駿監督の友人の10歳の少女を喜ばせたいという思いから生まれ、彼女が主人公・千尋のモデルになりました。

『千と千尋の神隠し』は、アカデミー長編アニメ映画賞を受賞し、世界中で高い評価を受けています。

2. 『風の谷のナウシカ』

『風の谷のナウシカ』は、1984年3月11日に公開されたトップクラフト制作の日本のアニメーション映画です。

『風の谷のナウシカ』

以下は作品の概要です:

  • タイトル:風の谷のナウシカ(英名:Nausicaä of the Valley of the Wind)
  • 監督:宮崎駿
  • 出演者:島本須美、納谷悟朗、松田洋治、永井一郎、榊原良子、家弓家正
  • 上映時間:116分
  • 製作国:日本
  • 言語:日本語
  • 興行収入:14.8億円
  • 配給:東映
  • 公開日:1984年3月11日(日)

戦争による科学文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた終末世界を舞台に、人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を描く。1984年には宮崎自身の監督による劇場版アニメ『風の谷のナウシカ』が公開された。2019年には歌舞伎化されました。

3. 『もののけ姫』

『もののけ姫』は、1997年にスタジオジブリが発表した長編アニメーション映画作品です。

『もののけ姫』

以下は作品の概要です:

  • タイトル:もののけ姫(英題:Princess Mononoke)
  • 監督:宮崎駿
  • 声の出演:松田洋治 ⋅ 石田ゆり子 ⋅ 田中裕子 ⋅ 小林 薫 ⋅ 西村雅彦 ⋅ 上條恒彦 ⋅ 美輪明宏 ⋅ 森 光子 ⋅ 森繁久彌
  • 上映時間:133分
  • 製作国:日本
  • 言語:日本語(各言語による吹替・字幕あり)
  • 配給:東宝
  • 公開日:1997年7月12日(土)

4. 『天空の城ラピュタ』

『天空の城ラピュタ』は、1986年に公開されたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画です。

『天空の城ラピュタ』

以下は作品の概要です:

  • タイトル:天空の城ラピュタ(英題:Laputa:Castle in the Sky)
  • 監督:宮崎駿
  • 声の出演:田中真弓 ⋅ 横沢啓子 ⋅ 初井言榮 ⋅ 寺田 農 ⋅ 常田富士男 ⋅ 永井一郎
  • 上映時間:124分
  • 製作国:日本
  • 言語:日本語(各言語による吹替・字幕あり)
  • 配給:東映
  • 公開日:1986年8月2日(土)

あなたが思うアカデミー賞を表彰してみよう

アカデミー賞2024の結果をみて、いかが思いますでしょうか?

昨年の映画作品をみて、あなたにとって、なんの作品がアカデミー賞を受賞するはずと思いますか?Vidnoz AIの無料テンプレートを利用して、あなたが思うアカデミー賞を表彰してみましょう!

Vidnoz AIの無料テンプレート

Vidnoz AI - 顔写真動かしツールで魅力的なAI動画を作成しよう

  • リアルなアバターで専門的なAI動画を簡単に作成する
  • 多言語サポートのAI音声読み上げ機能
  • 800+動画テンプレートで様々なシーンに対応
  • URL、PDF、PPTなどから動画を作成する
作者情報
authot

七瀬 叶梨

動画編集に関するコンテンツ作成の専門家として、6年以上の経験を持っております。 常に最新のトレンドや技術に把握するよう、読者が求める情報を提供するよう努力しています。また、専門的な知識だけでなく、分かりやすい説明や親しみやすい表現を心がけ、読者のニーズに合ったコンテンツを提供できるようにしています。 今後も、読者の方々が役立つ情報を提供できるよう、精力的に取り組んでまいります。