毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • VTuberとは
  • Live2Dと3Dで使うことが可能!Vtuberを作るソフト・サイト
  • VTuberアバターを作成する基本的な手順
  • VTuber向け動画編集サイトと作り方
  • Vtuberアバターに関するQ&A
  • まとめ 

公式SNS、フォローお願いします♪

Vidnoz  AI顔写真を喋らせる

顔写真やアバターを喋らせるサイトで、静止画に命を吹き込む!

Vtuberの作り方・なり方・やり方| live2dでイラストを動かす【個人勢】

作者- 野口陽葵

野口陽葵

最終更新日

初心者向けVtuberの作り方・なり方・やり方は本記事に紹介され、3d・live2dでイラストを動かす方法も詳しく紹介する!

YouTubeの動画配信では、画面の端でキャラクターやアバターが解説とともに動いているのをよく見かけます。そのような配信スタイルを採用しているYouTuberは、VTuber(ブイチューバー)と呼ばれています。

VTuber

VTuberの配信を見ていて、「自分も顔出しをしなくていいならやってみたい」と考える方もいるでしょう。

そこで今回は、VTuberの作り方やなり方、やり方について解説していきます。

「VTuberとしてアバターを動かす方法が知りたい」「どのようなソフトを使えばいいのか知りたい」といった方は必見です。

目次
  • VTuberとは
  • Live2Dと3Dで使うことが可能!Vtuberを作るソフト・サイト
  • VTuberアバターを作成する基本的な手順
  • VTuber向け動画編集サイトと作り方
  • Vtuberアバターに関するQ&A
  • まとめ 

VTuberとは

VTuber

VTuberとは、「Virtual Youtuber(バーチャルユーチューバー)」の略称です。

本人が顔出しをするのではなく、モーションキャプチャー技術を活用したLive2D や3Dのアバターが出演するというものです。

日本国内では、ミライアカリやキズナアイなどの美少女系VTuberの人気が高まっています。

VTuberのYouTubeチャンネルの登録者数も非常に多いことから、盛り上がっていることは間違いありません。

ただ立ち絵があるだけではなく、動きがつくので実際にそのキャラクターが話しているように見えるのがポイントです。

個人勢と企業勢の違いがある

VTuberには、個人勢企業勢の2種類がいます。

個人勢は、その名の通り個人で活動している人を指します。

一方の企業勢は、企業の運営で活動しているVTuberです。

自分自身でキャラクターデザインからすべて行っているVTuberは、完全個人勢と呼ばれています。

動画のクオリティは企業勢の方が高く、活動にかけられるお金も多くなります。

また、エンターテインメント性や宣伝力、ブランド力なども個人勢より企業勢の方が強いです。

企業勢の方が何かと有利ですが、個人勢だから人気が出ないなど言い切ることはできません。

その人の企画力などによっては、企業勢に勝てる場合もあります。

AI喋らせるアバターを作成する - 無料

  • 違う文化からの800+リアルなアバター
  • 口と動き、ナレーションが同期可能
  • 複数のアクセント付きの140+言語サポート
Vidnoz AI喋らせるアバターを作成する Vidnoz AI喋らせるアバターを作成する

Live2Dと3Dで使うことが可能!Vtuberを作るソフト・サイト

Vtuberを作るソフト

VTuberを作るには、イラストを動かすためのソフトやサイトを使うことになります。

続いては、Live2Dと3Dで使えるソフトやサイトをご紹介します。

使用するソフトなどで迷っている方は、参考にしてみてください。

AIでイラストを動かすサイト「Vidnoz AI」

how-to-make-a-vtuber-3

イラストの用意 アバターの選択、イラストのアップロードが可能
利用環境 Windows、iOS
利用料金 無料
パーツの種類 アバターのみ
パーツの数 65種類(アバターのみ)

Vidnoz AIは、写真やイラストをアップロードしたり、アバターを選択したりすると、顔を動かせるサイトです。

好きな画像をアニメ化し、喋らせることができます。

対応言語も100以上と豊富で、日本語にももちろん対応しています。

話す内容はテキストを入力することで決められるので、製作者が声を出す必要もありません。

PRO版だと透かしを削除したり、ボイス利用制限を解除したりすることも可能です。

ChromeやFirefox、Microsoft Edge、Safariなどのブラウザをサポートしているので、iPhoneやAndroidでの利用もできます。 

メリット
  • 無料で利用できる
  • アバターを選べるから簡単に制作可能
  • 対応言語が多い
デメリット
  • 細かいパーツの設定ができない
  • 無料版だと透かしが入る

新感覚Vtuberアプリ「IRIAM」

新感覚Vtuberアプリ

イラストの用意 自分で用意する必要あり
利用環境 iOS11以上(14以上を推奨)に対応したiPhone6s以降の端末

Android 8.0以上に対応した64bit対応CPU&3GB以上のメモリ(RAM)を搭載した端末

利用料金 無料
パーツの種類 なし
パーツの数 なし

IRIAMは自分のイラストを動かし、キャラクターになりきって配信ができます。

リスナーとして他の配信へ遊びに行くことも、顔出しなしで自分自身が配信することもできるので、思いの楽しみ方が可能です。

配信する際のイラストを準備するのが難しい場合は、SKIMAというサービスを利用できるので問題ありません。

SKIMAでは、イラストやデザインを依頼したり、販売されているキャラクターを購入したりできます。

またIRIAMでは、配信者向けのイベントも多数行っています。

お菓子やグッズなどがもらえるイベントもあるので、楽しみながら配信を続けられます。

メリット
  • 自分の好きなイラストを動かしながら配信できる
  • 配信初心者でも無理なくスタートできるようになっている
デメリット
  • アバターがないのでイラストを自分で準備しなければいけない

おすすめ記事:無料でリアル系AI画像を生成できるサイト/アプリ6選

3Dキャラクター制作ソフトウェア「VRoid Studio」

VRoid Studio

イラストの用意 テンプレートあり
利用環境 macOS 11(2015年 以降発売モデル)

Windows 10 / 11

利用料金 無料
パーツの種類 瞳、瞳のハイライト、白目、まゆげ、まぶた、アイライン、髪型など
パーツの数 200種類以上

VRoid Studioは、3Dキャラクターの制作ができるソフトです。

直感的に操作ができ、カスタマイズ性が高いという点が大きなメリットです。

初心者からベテランまで、誰でも自分だけのオリジナルキャラクターを作れます。

表情や服のデザインなども細かく設定できるので、オリジナリティ溢れるキャラクターを生み出せるでしょう。

無料でキャラクターを作ることができ、幅広い用途で無料使用が可能となっています。

メリット
  • 無料で最後まで使える
  • オリジナリティのあるキャラクターを比較的簡単に作れる
デメリット
  • 古いOSだと使用できない

人型だけでなく動物など幅広いアバターが選べる「Animaze by Facerig」

Animaze by Facerig

イラストの用意 アバターの配布があるため用意する必要なし
利用環境 Windows 10以降
利用料金 無料版:無料

Animaze Plus 23 : 2,730円

Animaze Pro 23:11,550円

Animaze Plus 22 :2,800円

Animaze Pro 22 :14,20円

パーツの種類 なし
パーツの数 なし

Animaze by Facerigは、Webカメラを使ってアバターの動きとCGキャラクターを連動させられるアプリです。

PCゲームプラットフォームである「Steam」から無料でダウンロードできます。

以前は「Facerig」という名前で販売されていましたが、機能のアップグレードなどを伴い、現在の名前に変更されました。

基本料金は無料ですが、月額料金を払って利用できるサブスクリプションモデルの配布も行われているので、気になる方は要チェックです。

メリット
  • Live2Dと3Dも利用できる
  • 無料版でも利用制限がない
  • トラッキングの精度が高い
デメリット
  • Webカメラを用意しなければいけない

おすすめ記事:動物顔アプリを無料で楽しむには?おすすめアプリの機能紹介

1枚の原画から2Dによる立体表現を実現「Live2D Cubism」

Live2D Cubism

イラストの用意 用意する必要あり
利用環境 Windows10/11 (64ビット版、デスクトップモードのみ)

macOS v11 、macOS v12 、macOS v13、macOS v14

利用料金 単月プラン:2,288円/月

年間プラン:1年目…15,708円/年、2年目…12,936円/年、3年目以降…11,748円/年

3年間プラン:40,392円/3年(更新なし)

パーツの種類 前髪や目、鼻など
パーツの数 キャラクターによる

Live2D Cubismは、1枚の原画を2D立体表現にできるモデリングツールです。

物理演算やリップシンクなど、表現力を高めるための機能が豊富に搭載されています。

利用シーンは、スマホアプリやVTuber、動画など幅広くなっています。

VTuberデビューのためにアバターを作りたいと考えている方にもおすすめです。

メリット
  • 直感的なアバター制作が可能
  • 配信などのサポートをしてもらえる
デメリット
  • macOSでは幅4096ピクセル、高さ2304ピクセルのいずれかを超えると動画の書き出しができない

VTuberアバターを作成する基本的な手順

VTuberアバターを作成する基本的な手順は、以下のとおりです。

モデルを用意する

まずは、自分の分身となるモデルを用意します。

モデルは、サイトやアプリ内でアバターを作れる場合もあれば、イラストをあらかじめ準備しなければいけない場合もあります。

これは、配信しようと考えているサイトやアプリによって異なるので、確認しておきましょう。

キャラクターに声を当てる 

キャラクターが完成したら声を当てていきます。

YouTubeライブなどで生配信する場合は、直接話さなければいけません。

しかし動画をアップする場合は、キャラクターに声を当てた動画を作ることになります。Vidnoz AIのボイスチェンジャーサイトがどんな声も完璧に変換できます。

ボイスチェンジャー

自分のキャラクターに合った音色を合成することができます。

モーションキャプチャーで動きを表現

次に、モーションキャプチャーで動きを表現していきます。

キャラクターの感情に合わせた動きをつけることで、まるでそのキャラクターが話しているかのような感覚になります。

VTuber向け動画編集サイトと作り方

Vidnoz AIを使った動画の作り方は、以下のとおりです。

VTuber向け動画編集サイト

1.ログインする

まずは、ログインする必要があります。

2.「+動画を作成」をクリックする

ログインしたら「+動画を作成」をクリックし、「空白から開始」へと進んでいきます。

この時、横動画(16:9)・縦動画(9/16)・スクエア(1:1)から画面のサイズを選んでください。

3.テンプレートを選択したら、動画をアップロードしたりする

動画編集画面に移動したら、テンプレートから選択するか、動画のアップロードしてください。

4.作業が完了したら、右上にある「生成する」をクリックして完成するのを待つだけです。

Vtuberアバターに関するQ&A

最後に、VTuberアバターに関するよくある質問をいくつかピックアップしてご紹介します。

VTuberの現状と将来性は? 

VTuberは現在大きな注目を集めていて、市場は拡大傾向にあります。

今後は、AIがさらなる進化を遂げると考えられるので、将来性もあると考察できます。

Vtuberを作るには、いくらかかるのですか? 

how-to-make-a-vtuber-10

VTuberの制作費用は、自作するか、依頼するかによって大きく異なります。

キャラクターデザインは依頼先によって10万円以内~100万円以上と幅広いです。

Live2Dや3Dモデルの制作も依頼先により、10万円ほどでできる場合もあれば、100万円以上かかる場合もあります。 

VTuberはどのように収入を得るのですか? 

VTuberの収入源は、広告収入がメインです。

再生回数によって得られる金額は異なります。

人気が高いVTuberであれば、生配信の投げ銭やグッズ販売で収入を得ているといったケースもあります。 

グッズ販売時に著作権はどのように扱われるのですか? 

VTuberが使っているアバターの著作権は、基本的に制作したクリエイターが持っています。

しかしVTuberの中には著作権の譲渡を行っている場合もあります。

まとめ 

VTuberの作り方や始め方、動かし方は、ソフトやアプリ、基本的なポイントを知っていれば意外と簡単です。

手間をかけずに制作できるサイトもあるので、まずはそのようなサイトからスタートしてみるのもおすすめです。

よりこだわりたい場合はいくつか使ってみて、自分に合っているのはどれか探してみましょう。

Vidnoz AI - 顔写真動かしツールで魅力的なAI動画を作成しよう

  • リアルなアバターで専門的なAI動画を簡単に作成する
  • 多言語サポートのAI音声読み上げ機能
  • 800+動画テンプレートで様々なシーンに対応
  • URL、PDF、PPTなどから動画を作成する
作者情報
authot

野口陽葵

ITサービス企業での専門メディア編集者として、AIや映像技術などの業界で10年目以上の経験があります。仕事内容は、最新のAI技術、AI動画生成、動画作成・編集などのサービスに関する記事を書くこととなります。ネットサーフィンも好きで、ウェイボー、ツイッターなどで新聞をよく見ます。