毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • 英語の文字起こしとは?
  • 英語の文字起こしのメリット
  • 英語の文字起こしツールと方法
  • 業者に依頼する
  • 英語の文字起こしに関するよくある質問

公式SNS、フォローお願いします♪

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用!

リアルタイムも録画のちもできる!英語の文字に起こし方法3つ

作者- 中村 結衣

中村 結衣

最終更新日

録画しながら、英語の文字起こしをしたいですか?文字に起こすことで、アナウンサーや解説者、コメンテーターが話している内容を理解することができます。この記事では、英語の音声を文字に起こす方法を3つ紹介していきます。ぜひご自分の状況に応じて、適用なのを選択してください。

英語を文字に起こしする方法

目次
  • 英語の文字起こしとは?
  • 英語の文字起こしのメリット
  • 英語の文字起こしツールと方法
  • 業者に依頼する
  • 英語の文字起こしに関するよくある質問

英語の文字起こしとは?

英語の文字起こしとは、英語が用いられた映像や音楽で発せられている音声を文字化することです。

具体的には会場でのセミナーや講演、社内外や国内外で行われる各種会議、英語を用いたインタビュー、Youtubeやキー局で配信される動画や音楽などが、文字起こしの対象となり得ます。

英語の文字起こしのメリット

ここでは文字起こしを行う可能性のあるシーンを3つ取り上げながら、文字起こしを行うメリットを紹介します。

①ニュースやスポーツ、ドラマなどの配信動画

自社メディアやYoutubeなどの動画配信サービスから提供される英語の動画音声データを文字に起こすことで、アナウンサーや解説者、コメンテーターが話している内容を理解することができます。

ただし、ストリーミング配信されているデータから直接文字起こしする際、使い方には注意が必要です。

おすすめ記事:無料で使える!動画字幕自動翻訳アプリ・ツールおすすめ4選>>

②自分の英語力向上のための勉強

動画音声データや英語の録音データを文字起こしし、文字起こしした英語をそのまま見るなりノートに書き写したりすることで英語の言い回しや単語の意味を理解するのに役立ちます。

場合によっては英語のネイティブな人に英語を話してもらいデータを保存し、保存したmp3形式の英語データを文字起こしするといった使い方もできます。

③ビジネスシーンでの会議や商談、自己研さんで受講するセミナー

英語での会議における議事録やTo Doリストの作成、セミナーや講演の内容を整理するために活用できます。

商談時にもお客様の話を文字起こしした上で、お客様のニーズを汲みとった提案をする、意見交換をする際に文字起こしは役立つでしょう。

英語の文字起こしツールと方法

ここからは具体的なツール・サイトと方法について2つ紹介します。より多くの英語文字起こしアプリを知りたい場合、こちらの記事を参考にしてください:英語の文字起こしアプリ3選!完全無料、商用利用可能、精度高いツール分けて紹介>

Google Chromeの自動字幕起こしで英語文字を起こす

一つ目は、Webブラウザ「Google Chrome」を英語の文字起こしサイトとして利用する方法があります。

Google Chromeはインストールすればパソコンで利用できるのはもちろん、スマートフォンでもリアルタイムで英語文字起こしができる無料のアプリです。

Google Chromeを用いた英語文字起こしのメリットは、何か新しいソフトウェアを購入したりインストールしたりせずとも、Google Chrome自体に無料の追加機能を加えるだけで、英語文字起こしができる点が挙げられます。

それでは、実際にキャプチャ画像を用いながらGoogle Chromeを用いた英語の文字起こし方法を確認していきましょう。

①Google Chromeを立ち上げ、図1の赤い四角囲みを参考にしながら、画面右上にあるGoogle Chromeの設定アイコンを押し、「設定」を選びます。

Google Chromeで設定に入り、自動字幕起こしをオンにする

②図2の赤い四角囲みで示したように、画面左側のバーを下に進めていくと見つかる「ユーザー補助機能」の部分を押し、「自動文字起こし」のスライダーをクリックします。

Googleの自動字幕起こしをオンにする

③有効化できると、図の赤い枠内にあるように、スライダーが青くなります。これで事前準備はOKです。

Googleで英語文字起こし

④あとはYoutubeやTEDなど動画を配信しているサービスやサイトにアクセスし、英語の動画が再生されると、自動的に英語の文字起こしが始まります。

動的に英語の文字起こしが始まる

なお、図4は著作権などに配慮し、動画の内容および英語を文字起こしした部分を黒く伏せていますが、実際には動画の再生と文字起こしが同時に行われます。

なお、動画の再生環境により若干の違いがあるかと思いますが、文字起こしの行数を2行から8行程度に広げることができます。

加えて、文字起こしエリアを任意の場所に移動することもできるため、画面左半分で動画を見ながら、右半分で文字起こしを確認するといった使い方もできます。

もしうまくいかない場合はF5キーを押すなどしてGoogle Chromeを更新する、上記②の作業をもう一度実行する、動画をもう一度再生する、などを試してみてください。

おすすめサイト:Vidnoz Aiボイスチェンジャーサイト

リアルタイムなく!Vidnoz Flexで英語文字を起こす

Google Chromeの自動字幕起こし機能を利用して、リアルタイムに英語の文字起こしができます。でも、オンにすれば、毎回動画をプレイすると、字幕を自動的に再生します。すこしうんざりします。

なので、ここで、リアルタイムではなく、動画を録画・アップロードしてから、英語の文字起こし方法を紹介します。まずは、必要なツール - Vidnoz Flexを紹介させていただきます。

Vidnoz FlexはVidnoz会社により開発された動画営業・マーケティングプラットフォームで、手軽に動画を録画、編集、共有もできます。様々なAIツール、たとえば、AI音声読み上げツール喋れるアバター画像背景消しツールなども提供しております。

このツールには次のメリットとデメリットがあります。

メリット
  • アプリのインストール必要なし、ブラウザだけで動画の英語を文字に起こしができる
  • 文字起こしだけでなく、音声を字幕で表示される
  • 英語、日本語、フランス語、イタリア語など7種類の言語も自動的に認識できる
  • 精度が98.63%に達す
  • 精度もより高くさせるため、起こされた文字の編集も可能
デメリット
  • リアルタイムではない
  • 無料版で30分間の動画だけ録画・文字起こしができる
  • 起こされた文字ファイルだけダウンロードできない 

それでは、キャプチャ画像を用いながらVidnoz Flexで英語文字起こし方法を説明します。

ステップ1:Vidnoz Flexにアクセスして、新規登録します。

ステップ2:画面を録画したり、英語動画をアップロードしたりします。

Vidnoz Flexで動画を録画&アップロードする

ステップ3:「もっと」ボタンをクリックして、編集画面に入ります。

Vidnoz Flexの編集画面に入る

ステップ4:「CC」ボタンをクリックして、起こしたい言語を選択して「文字起こしを開始」ボタンをクリックしてください。

ステップ5:すると、英語動画の文字起こしが始まります。起こされた文字も字幕で画面下に表示されます。

英語の文字起こしして、字幕も表示される

業者に依頼する

3つ目の方法として、英語の文字起こしをサービスとして提供している業者を利用することです。

依頼する際はお金や作業時間がかかりますが、専門性の高い正確な文字起こしデータを手にすることができます。

英語の文字起こしに関するよくある質問

ここで、英語の文字起こしに関する質問と回答例を3つ紹介しますので、参考程度にご確認ください。

①文字起こししたデータの精度はいかほど?

文字起こしの精度は使用するサービスにより異なりますが、ノイズやフォーマルな英語が用いられた音声データは、精度が高くなくなります。

一方、対面での会話や講演の内容の録画録音データの音が割れている、ノイズが入りまくっているといったデータを文字起こしする際は、正確性に欠ける可能性が否めません。

でも、Vidnoz Flexは98%以上の精度に達します。ご安心で利用ください。

②サービスは無料で利用できる?

こちらもサービスによりケースバイケースですが、上記で紹介したGoogle Chromeを用いたケースですと、文字起こしに必要な機能を加えることにより、無料で実施することができます。

その他のサービスは月〇〇時間までは無料、無料版では〇〇分で無料、それ以上は有料といったケースや、このデータは専門的なので有料となるなど、時間やデータの特殊性などで判断されるケースがほとんどです。

③文字起こしした内容をダウンロードしたい場合にどうすればよいか?

インターネット上でGoogle Chromeを利用した英語の文字起こし内容はダウンロードして利用できません。

また、自分のPCなどに保存された動画ファイルなどを文字起こしする際も画面上に実行結果が表示されるだけで、Wordなどに貼り付けはできません。

その他の文字起こしアプリやソフトに関しては、仕様をご確認ください。

作者情報
authot

中村 結衣

ウェブマーケティングのプロフェッショナルで、SEO、SEM、動画マーケティングに特に得意があります。9年の経験を通じて、あなたのビジネス成長に貢献してきます。データ分析やプロジェクトマネジメントのスキルも持ち合わせており、常に成果を出すために最善を尽くします。