毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • ロゴ・ウォーターマークとは
  • 動画にロゴを入れるメリット
  • 動画に挿入できるロゴの種類
  • 動画に文字(ウォーターマーク・透かし)を入れる方法
  • 動画に画像(ロゴ)を入れる方法
  • まとめ

公式SNS、フォローお願いします♪

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用!

動画にロゴ・透かし(ウォーターマーク)を入れる方法

作者- 七瀬 叶梨

七瀬 叶梨

最終更新日

透かし(ウォーターマーク)は著作権保護やブランドアイデンティティのためによく使用されています。この記事では動画に透かしやロゴ(文字・画像)を入れる方法とフリーソフトを紹介します。

YouTubeに投稿した動画、またはプロモーションや広告で拡散する動画にはよくロゴやウォーターマーク(透かし)を入れています。

どうやって動画にロゴ・透かし・ウォーターマークなどを入れますか?この記事では詳しく説明します。

動画にロゴを入れる方法

目次
  • ロゴ・ウォーターマークとは
  • 動画にロゴを入れるメリット
  • 動画に挿入できるロゴの種類
  • 動画に文字(ウォーターマーク・透かし)を入れる方法
  • 動画に画像(ロゴ)を入れる方法
  • まとめ

ロゴ・ウォーターマークとは

ロゴ(英語でLogo)は、特定の会社、ブランド、製品、団体、または個人を表すためにデザインされた図形、シンボル、または文字の組み合わせです。

ウォーターマーク(英語でwatermark、または透かしという)とは、画像や動画に追加される透かしのことです。透かしとして使用されるため、通常は薄く透明なテキストや画像で表示されます。

ウォーターマークとロゴの違い?

ウォーターマークとロゴの違いを表でまとめると、以下のイメージです。

 

ウォーターマーク(透かし)

ロゴ

デザイン

透明性がある

シンプルで識別性が高い

使用目的

著作権の保護

デジタル作品のマーケティング

ブランドの識別

視覚的なアイデンティティの構築

種類

テキスト(文字)のみの方が多い

 

画像型が多くて、テキストやアニメーション効果も使用されています

実際にはウォーターマーク(透かし)とロゴは一般的に、混用されることも多いです。ロゴはブランドや企業のアイデンティティを表すものであり、不透明度を低くして、ウォーターマークとして使用される場合もあります。

動画にロゴを入れるメリット

動画にロゴ・ウォーターマークを入れることにはいくつかのメリットがあります。

1.ブランド認知度の向上

2.著作権保護

3.プロフェッショナルな印象を与えます。

4.マーケティングと広告効果を高めます。

動画に挿入できるロゴの種類

  • テキスト(文字)

  • 画像(*.png,*.jpg,*.jpeg,*.svgなど)

  • アニメーション(*.gifなど)

動画に文字(ウォーターマーク・透かし)を入れる方法

動画にウォーターマーク・透かしを入れるオンラインアプリ「Vidnoz Flex」で文字を簡単に挿入できます。

Vidnoz

「Vidnoz Flex」がおすすめ理由:

  • オンラインツールでインストールが必要なし

  • WindowsパソコンとMac OSのどちらでも使える

  • 使いやすいので、使い方を勉強する時間をかけない

  • 編集完了後、そのままシェアできる(ダウンロードする必要なし)

「Vidnoz Flex」で文字(ウォーターマーク)を入れる手順:

1.Vidnoz公式サイトへアクセスし、ログインします。

2.「ビデオを作成する」-「ビデオをアップロードする」をクリックして、ウォーターマークを入れたい動画をアップロードします。

Vidnozで動画をアップロード

3.右側の「編集」をクリックすると編集画面に入ります。

4.「テキストを追加する」アイコンをクリックして、動画に入れたいウォーターマークの文字を入力して、「追加」ボタンをクリックすると、文字が動画の画面に入れられます。下の操作欄で文字のフォント、サイズ、色、透明度などを変更できます。

動画にウォーターマークを入れる

5.設定が完了した後、下の「保存」ボタンをクリックします。

動画に画像(ロゴ)を入れる方法

ロゴと言えば、図形と文字を組み合わせて画像にした方が多いです。動画にロゴを入れることもビジネス分野で、会社のブランドイメージを構築し、顧客に特定のメッセージや価値を伝える役割を果たします。

動画にロゴを入れる方法を紹介する前に、ロゴを作成するツールも紹介します。

画像のロゴを作成するツール

以下は、画像のロゴを作成するためによく知られる3つのツールです。

1.Adobe Illustrator: プロフェッショナル向けのベクターベースのグラフィックデザインツールです。高度な編集機能とカスタマイズ性を提供し、優れた品質のロゴを作成することができます。

2.Canva: デザイン初心者や非デザイナー向けのオンラインデザインツールです。豊富なテンプレートと編集機能を備えており、直感的な操作で独自のロゴを作成することができます。

3.Logojoy: AI(人工知能)を活用したオンラインロゴ作成ツールです。シンプルなインターフェースと自動生成機能により、迅速にプロフェッショナルなロゴを作成することができます。

これらのツールは、ロゴの作成やカスタマイズに便利です。自分のニーズや使いやすさ、予算などを踏まえて最適なツールを選びましょう。

動画に画像のロゴを入れる方法

動画に画像のロゴを挿入するにはオンライン動画編集ツール「Vidnoz Flex」でやれます。

手順は以下(前の3ステップがテキスト透かしの入れ方と同じです):

1.Vidnoz公式サイトへアクセスし、ログインします。

2.「ビデオを作成する」-「ビデオをアップロードする」をクリックして、ウォーターマークを入れたい動画をアップロードします。

3.右側の「編集」をクリックすると編集画面に入ります。

4.(ここから異なります)右の「画像を追加」アイコンをクリックして、動画に入れたいロゴの画像をアップロードします。下で透明度や縦横比を変更でき、プレビューされる画像の紫枠をドラッグで大きさを変更できます。

動画にロゴを入れる

また、「Vidnoz Flex」は動画にロゴを入れることのほかに、字幕、絵文字、シェイプ、ぼかしなどを追加することもできるし、動画に視聴者の動きを促すボタンを挿入すること(YouTube動画の画面右下に表示させる登録ボタンのように)もできます。

Vidnozで動画にアクション呼び出しボタンを入れる

多機能で便利なオンライン動画編集ツールだと思い、とても試す価値があると思います。

まとめ

この記事で動画に画像のロゴと文字のウォーターマーク(透かし)を入れる方法をそれぞれ紹介しました。いかがでしょうか?

著作権保護のために、会社ブランディングのために、早速動画にウォーターマーク・ロゴを入れるアプリ「Vidnoz Flex」で試してみませんか?

関連記事
作者情報
authot

七瀬 叶梨

動画編集に関するコンテンツ作成の専門家として、6年以上の経験を持っております。 常に最新のトレンドや技術に把握するよう、読者が求める情報を提供するよう努力しています。また、専門的な知識だけでなく、分かりやすい説明や親しみやすい表現を心がけ、読者のニーズに合ったコンテンツを提供できるようにしています。 今後も、読者の方々が役立つ情報を提供できるよう、精力的に取り組んでまいります。