毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

1000+動画テンプレート、900+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • バーチャルヒューマンとは?概要と代表的な技術は?
  • Vidnoz AIでバーチャルヒューマンを作るには?
  • ビジネスにも使える?バーチャルヒューマンの3つのメリットは?!
  • バーチャルヒューマンをビジネスで使う5つの方法
  • バーチャルヒューマンの活用事例を3つ紹介
  • まとめ

公式SNS、フォローお願いします♪

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用!

バーチャルヒューマンを作るには?活用事例やメリットは何?

作者- 楡井祐奈

楡井祐奈

最終更新日

バーチャルヒューマンは、人間ではないかと疑うほどリアルなCGが用いられて制作されたキャラクターです。この記事では、バーチャルヒューマンの作り方に加えて活用事例やメリットをご紹介します。

バーチャルヒューマンは、まるで人間のようにリアルなCGキャラクターです。

リアルなキャラを作成した場合、特別な技術が必要なのか、どのような場面で活用できるのか気になる方もいるでしょう。

この記事では、バーチャルヒューマンの作り方に加えて活用事例をご紹介します。

活用するメリットもご紹介するので、詳しく知りたい方はぜひ最後までお読みください。

バーチャルヒューマンの作り方1

目次
  • バーチャルヒューマンとは?概要と代表的な技術は?
  • Vidnoz AIでバーチャルヒューマンを作るには?
  • ビジネスにも使える?バーチャルヒューマンの3つのメリットは?!
  • バーチャルヒューマンをビジネスで使う5つの方法
  • バーチャルヒューマンの活用事例を3つ紹介
  • まとめ

バーチャルヒューマンとは?概要と代表的な技術は?

バーチャルヒューマンとは、人間に近い見た目や雰囲気のあるキャラクターを指します。

また、バーチャルヒューマンとはVhumanと呼ばれることもあります。

CGを使っているので、人間の肌の質感や表情、動きなどを正確に表現できるのが特徴です。

バーチャルヒューマンの作り方2

実在する人物をCGで再現したり、架空の人物を最初から作ったりすることも可能です。

作成に用いられる代表的な技術は、3DCG技術、画像生成・認識AI、音声認識・合成AI、感情分析AIなどがあります。

3DCG技術は、コンピューターでアニメーションや画像を作成し、顔の表情、口の動き、仕草などをリアルにするものです。

画像生成・認識AIでは、学習した内容から新しい画像を作ることで、服装や顔、背景などを作成します。

また、音声も重要であり、音声認識・合成AIを用いることで複雑な会話の内容が理解できたり、人間と似た発音で自然な会話ができたりします。

感情分析AIを組み合わせることで、声や顔の表情から相手の感情状態を推測し、最適な反応ができるようになります。

Vidnoz AIでバーチャルヒューマンを作るには?

バーチャルヒューマンを作成の際には、自分自身で作る方法と制作会社に依頼する方法があります。

自分好みのバーチャルヒューマンを作りたい場合は「Vidnoz AI」のような動画生成サイトなら、高品質なバーチャルヒューマンを作成できるのでおすすめです。

ここでは「Vidnoz AI」を使ってバーチャルヒューマンを作る手順をご紹介します。

Vidnozの無料でリアルなアバターを生成するサイト

Vidnozを使って、リアルなアバターを生成していきましょう。

ここでは、アバター作成の手順をご紹介します。

バーチャルヒューマンの作り方

ステップ 1:背景を選択する

最初にアバターの背景を決めてください。

背景はグリーンバック、透明背景、白背景の3種類から選べます。

ステップ 2:アバターを選択する

次に、アバターを選択します。

アバターは全部で918パターンあり、男性・女性を問わず用意されているので好みのキャラを選べます。

無料で利用できるものも多く、服装や髪型から自由に選択できるでしょう。

ステップ 3:テキストを入力する

テキストに話したい言葉を入力します。

言語は各国の言葉に加えて、国別の英語などもあり、ニーズに合わせた選び方が可能です。

また、男性・女性の声も選択できます。

VidnozのカスタマAIアバター

Vidnozでは、バーチャルアバターの作成も可能です。

ここでは、Vidnozのバーチャルアバターの作り方手順をご紹介します。

バーチャルヒューマンの作り方5

ステップ 1:ポートレートビデオを提出する

自分自身のAIアバターを作るには、ポートレートビデオの提出が必要です。

撮影の要点は30フレーム/秒で、グリーンバックの背景でビデオをアップロードしてください。

2分間のスピーチで、1文を読むごとに2秒間のポーズが必要です。

十分な明るさが確保できる照明と、ロゴなどが記載されていない服装を着用してください。

声の大きさと発音に気を付けながら、セグメント終了のたびに自然に口を閉じるようにしましょう。

手は、胸の高さよりも下げる必要があります。

ステップ 2:Vidnozチームに連絡して改善点を直す

撮影時にステップ1でご紹介した内容を意識して撮影したとしても、改善点がいくつか出てくる可能性もあるでしょう。

撮影後には、Vidnozチームと一緒に改善点などがあれば見直していくことも可能です。

ステップ 3:ビデオ作成

改善点などの修正を行った後は、最終的なビデオ作成に入ります。

約2~3営業日で完成できます。

Vidnoz AI喋らせるアバターを作成する

Vidnoz AI喋らせるアバターを作成する

Vidnozの顔写真を動かすサイト

Vidnozの顔写真を動かすサイトを利用すると、手元にあるモデルとなる写真や画像を動かしてリアルさを再現できるでしょう。

ここでは、Vidnozの顔写真を動かすサイトの手順を解説します。

バーチャルヒューマンの作り方

ステップ 1:アバターを選ぶ

Vidnozの顔写真を動かすサイトでは、既に用意されているアバターの他に、生成AIやアップロードした画像を動かすことも可能です。

アバターには男性・女性はもちろん、幅広い年代の画像が用意されています。

青年や若い女性のイラストもあるので、好みのアバターも見つかるでしょう。

ステップ 2:テキスト入力

テキスト部分には、アバターに話してほしい言葉を入力してください。

テキストを入力した箇所の下には言語選択の項目があります。

各国の言葉や国別の英語などを選べるだけでなく、男性や女性の音声も選択できます。

言語は140か国以上に対応しているので、どの言語でAIに喋らせるかも自由に決められます。

このように、Vidnoz AIには多言語や方言にも対応可能な800以上のバーチャルヒューマンが用意されています。

動画テンプレートに関しても800以上用意されているので、テンプレートからも選択可能です。

おすすめ:顔写真・画像を喋らせる・動かすアプリ|無料Vidnoz AI喋らせるアバターを作成する

ビジネスにも使える?バーチャルヒューマンの3つのメリットは?!

バーチャルヒューマンは、リアルなCGが作成できるだけでなく、ビジネスシーンでも多くのメリットが得やすいでしょう。

ここでは、ビジネスに用いた場合のメリットを3つご紹介します。

バーチャルヒューマンの作り方9

1. コストが抑えられる

バーチャルヒューマンを用いることで、広告などで撮影や編集に必要な人材を削減できます。

これまでタレントを起用するとなると、スケジュール調整などの手間がかかり、制作費も高額になりがちでした。

しかし、バーチャルヒューマンなら必要な人材を削減でき、手間とコストを抑えられます。

2.人的資源への依存が少ない

例えば人間に動画出演をお願いした場合、緊張でうまく喋れなくなってしまうこともあるでしょう。

バーチャルヒューマンなら一定のパフォーマンスができます。

不安要素を払拭して、安定した活用ができるのも魅力です。

3.マーケティング効果が高い

マーケティング面では人間と違った魅力があり、キャラクターにおけるデザイン性の自由度も高くなります。

個性を生かすことで、有名人を起用しなくても一定のマーケティング効果が得られるでしょう。

バーチャルヒューマンをビジネスで使う5つの方法

バーチャルヒューマンの作り方7

バーチャルヒューマンをビジネスで使うには、5つの方法があります。

ここでは、それぞれの方法を見ていきましょう。

1.広告モデル

人間の芸能人やモデルと同様に広告モデルとしても起用できます。

企業のイメージや宣伝したい内容に合わせて、カスタマイズできるのが魅力です。

人件費もかからず、スキャンダルを起こすリスクなどもないので安心して起用できます。

2.顧客対応

オンラインショップなどの仮想空間で店員として活躍もできます。

商品の紹介、購入案内など顧客に対してのアドバイスができるだけでなく、ユーザーに対して新しいショッピングのスタイルを提案できるでしょう。

3.教育現場

教育現場では慢性的な人手不足などが課題になっていますが、バーチャルヒューマンを用いることで平等な指導ができ、指導内容のばらつきを起こしません。

人手不足の解消にも役立ちます。

4.エンターテイメント

パフォーマンスをするエンターテイメント業界でも大きな可能性を秘めているでしょう。

CGアニメーションと同じような動きや表情を再現すれば、実際の人間に見合ったパフォーマンスも実現できます。

5.医療現場

医療現場でも、バーチャルヒューマンが役立つシーンがいくつもあります。

患者さんの初期診療やカウンセリング、健康相談などを行えば、医師の負担も軽減できるでしょう。

その分、医師や看護師は急な業務に専念できます。

バーチャルヒューマンの活用事例を3つ紹介

ここでは、実際に活用されているバーチャルヒューマンをご紹介します。

1.imma(イマ)|フォロワー約40万の日本発のバーチャルヒューマン

imma(イマ)は、CG技術の発展によって誕生したバーチャルヒューマンです。

2018年からInstagramでの活動を始め、2023年の8月には約40万人のフォロワーがいます。

株式会社AwwのM氏によって誕生したもので、年齢や国籍などは公表されていません。

immaには弟のplusticboy(Zinn)がいる設定です。

【活用事例】

・コンピューターグラフィックスの雑誌「CGワールド」の表紙に抜擢

・IKEA新宿とのコラボで店頭に特設ブースが設置

・複数のアーティストとコラボした展示会「imma天」開催

・タイの通信会社TERUのアンバサダー就任

2.Saya(サヤ)|日本の女子高生風の透明感

日本人の女子高生らしい透明感があり、どこかで出会ったことがありそうな女の子らしさを持つバーチャルヒューマンがSaya(サヤ)です。

Sayaは、アーティストユニットである「TELYUKA(テルユカ)」が株式会社博報堂、株式会社博報堂アイ・スタジオと協力したプロジェクトで誕生しました。

【活用事例】

・イベント「HELLO! SHIBUYA ~ それは、まだ生まれたばかり。」で友達のような会話体験

・学校法人鎌倉女学院高等学校において、AI技術を学ぶ授業プログラムの一環として「1日転校生Saya」体験

3.AYAYI (アナイ)|中国ではかなり有名なバーチャルインフルエンサー

AYAYI (アナイ)は、2021年の5月に中国でポピュラーなSNSとなる「小紅書(RED)」で活動をスタートしたバーチャルヒューマンです。

フォロワーは4万人以上を獲得し、一気に認知度を高めていきました。

【活用事例】

・中国の独立音楽レーベル「摩登天空(Modern Sky)」において、バーチャルアーティスト専門ブランド「No Problem」とのタイアップ

・上海の商業施設「TX淮海」開催されたNFTアート展のキュレーション

・アリババ集団運営のECモールのナビゲーター就任

Vidnoz AI - 顔写真動かしツールで魅力的なAI動画を作成しよう

  • リアルなアバターで専門的なAI動画を簡単に作成する
  • 多言語サポートのAI音声読み上げ機能
  • 800+動画テンプレートで様々なシーンに対応
  • URL、PDF、PPTなどから動画を作成する

 

まとめ

ここまでバーチャルヒューマンの作り方や無料の作成方法、バーチャルアバターなどについて詳しく解説してきました。

バーチャルヒューマンは、画像や写真からも作り出すことができ、アプリを使うことで簡単に生成できます。

リアルさの追求されたバーチャルヒューマンは、様々な場面で注目されるケースも多く、これまでに活躍したバーチャルヒューマンもいます。

また、ビジネスシーンでの利便性も高まっています。

バーチャルヒューマンを活用したい、新たに作成したい方は、この機会にVidnozという動画生成サイトを活用してみましょう。

Vidnozなら無料でリアルなアバターを作成できます。

作者情報
authot

楡井祐奈

プロなSEOライターとして、高品質で最適化されたコンテンツの作成に努力しています。読者を引き込むだけでなく、情報豊かで洞察に満ち、実用的であることを目指しています。Vidnozの経験豊富な編集者で、特にブログの執筆に焦点を当てています。市場に出回っているあらゆる種類の動画編集ソフトに精通しており、動画に関する投稿の執筆を専門としています。選ぶトピックはすべて、ユーザーにより多くの利益をもたらすことを目的としています。