毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • 一番簡単!撮影不要で証明写真を作成する方法
  • 自宅で証明写真を撮る!自撮り方のコツや注意点
  • 証明写真のNG例
  • 好印象を与える!証明写真を加工
  • 証明写真を印刷する方法
  • 携帯・スマホで撮った証明写真は履歴書に使える?
  • 自宅で証明写真を撮るコツを学ぼう

公式SNS、フォローお願いします♪

Vidnoz AI証明写真メーカー

自宅で証明写真を作成できます!

スマホだけでいい| 免許証・履歴書・証明写真を自宅で自撮りする方法

作者- 野口陽葵

野口陽葵

最終更新日

自宅で証明写真を撮りたい?この記事は家で証明写真を自撮りする方法と証明写真作成メーカーを紹介します。

証明写真を撮りたいけど、写真館での撮影は面倒くさいし、費用も気になる人もいるかもしれません。証明写真を自宅で撮影する方法を知っていると、時間と費用を節約することができます。

証明写真を自宅で撮影

本記事では、自宅で免許証や履歴書に必要な証明写真を手軽に自撮りする方法について詳しく紹介します。写真館に行く手間や費用を気にせず、スマホだけで簡単に証明写真を撮影できるテクニックを解説します。

また、撮影時のポイントや注意点もお伝えしますので、ぜひ記事を読んで、自宅で手軽に証明写真を撮影する方法をマスターしてください。

目次
  • 一番簡単!撮影不要で証明写真を作成する方法
  • 自宅で証明写真を撮る!自撮り方のコツや注意点
  • 証明写真のNG例
  • 好印象を与える!証明写真を加工
  • 証明写真を印刷する方法
  • 携帯・スマホで撮った証明写真は履歴書に使える?
  • 自宅で証明写真を撮るコツを学ぼう

一番簡単!撮影不要で証明写真を作成する方法

証明写真を撮る必要があるけれど、写真館に行く時間や費用が気になる…そんな方に朗報です!スマホだけで簡単に証明写真を作成する方法があります。それが、Vidnoz AI証明写真作成メーカーです。

Vidnoz AI証明写真作成メーカー

Vidnoz AI証明写真作成メーカーは、高度な人工知能を活用して、スマホのカメラで撮影した写真を自動的に証明写真に加工してくれるサービスです。そして、AIが顔の位置や大きさ、背景の明るさなどを自動的に調整し、高品質な証明写真を生成します。

このツールは、40種類のスタイルをサポートしており、様々な服装、ポーズ、表情、背景から選択できるため、ユーザーは自分に合ったスタイルで証明写真を作成することができます。

また、スーツ合成機能があるため実際にスーツを着用せずとも、公式なシーンに適した証明写真を作成することが可能です。

Vidnoz AI証明写真作成メーカー

Vidnoz AI証明写真作成メーカー

手軽に履歴書、運転免許証、マイナンバー、パスポートなどの証明写真を自宅で作成!写真館に行かなくても、顔写真1枚だけで証明写真を作れます。40種類以上の背景と衣装に変更できます!

Vidnoz AI証明写真作成メーカー

自宅で証明写真を撮る!自撮り方のコツや注意点

証明写真を自宅で撮影する際には、以下のポイントに注意してください。

おすすめの撮影時間と場所

おすすめの撮影時間

証明写真を撮影するのに最適な時間帯は、昼間の明るい時間です。自然光が顔を明るく照らし、クリアな写真を撮影できます。撮影場所は、静かで明るく、背景がシンプルな場所がおすすめです。

準備すべきもの

撮影に必要なものとして、撮影するスマートフォンが必要です。また、撮影時に自分の姿を確認するために、鏡も用意しましょう。さらに、簡易的なレフ版があると撮影時の光を調節するのに役立ちます。

背景&照明

証明写真の背景はシンプルで明るいものが好ましいです。明るい壁やカーテンが背景として適しています。

照明は、直射日光や強い照明を避け、自然光が顔を均一に照らすようにしましょう。レフ板がない場合は、白い布や白い紙などを使って光を反射させることで、顔の影を軽減できます。

着替え&姿勢

スーツ合成

服装についてはスーツ合成機能を使用する場合は、単一の色のものが最適です。一方、合成を行わない場合は、用途に合った服装を選ぶことが重要です。シンプルなデザインの服装を選ぶと、背景との調和が取れてより印象的な写真を撮ることができます。

また、撮影時の姿勢は正面を向き、肩を引き締めて撮影することで、より鮮明でクリアな証明写真を作成することができます。

撮影注意点&解像度設定

解像度設定

撮影時には手ぶれを防ぐためにカメラを固定し、解像度を最大に設定して撮影しましょう。

解像度を最大に設定する方法は、カメラアプリを開き画面下部や画面端にある「設定」や「オプション」などのボタンをタップします。設定画面が表示されたら、「画質」や「解像度」などの項目を選択します。

解像度の設定が表示されたら、最大の解像度を選択しましょう。最後に、設定を保存するために画面上部や端にある「完了」や「保存」などのボタンをタップします。上記のステップを踏むことで、解像度を最大に設定することが可能です。解像度の高い写真は、画質のいい証明写真になります。

証明写真のNG例

表情では笑顔や真剣な表情以外、不自然な表情はNGです。

証明写真 NG

おすすめ記事:【注目】画像の表情を変えるサイトをご紹介!無料で簡単!

目や眉が前髪で隠れないようにし、元気で明るい印象を与える髪型にしましょう。髪の毛で服や襟を隠さないようにし、ミディアムからロングヘアの場合は、髪を結び耳を出す事が好ましいです。

ボサボサヘアは避け、清潔感を出す事が必要です。

姿勢では、背筋を伸ばし自信のある姿勢で撮影しましょう。猫背や前かがみはNGです。

これらのポイントを意識することで、好印象を与える写真を撮影できます。

好印象を与える!証明写真を加工

証明写真を加工することで、より好印象な印象を与えることができます。以下では、Vidnozでできる写真加工について解説します。

証明写真サイズを変更

写真サイズを変更

証明写真は特定のサイズや比率が求められます。例えば、履歴書用の証明写真は3cm×4cm、免許証用の証明写真は3.5cm×4.5cmが一般的です。Vidnozを使えば、簡単に写真のサイズを変更することができます。適切なサイズに変更することが不可欠です。

証明写真に背景を加工

背景が明るくてクリアな証明写真は好印象を与えます。Vidnozでは、背景を自然な明るさに調整することができます。また、背景をモノクロや特定の色に変更することも可能です。

証明写真にスーツを合成

転職活動や公式の場など、ビジネスシーンではスーツが必要です。Vidnozでは、スーツを合成する機能があります。自宅で撮影した写真にスーツを合成することができ、スーツがなくてもスーツを着た写真を簡単に作ることが出来ます。

証明写真加工のNG例

証明写真を加工する際には、過度な加工や不自然な修正はNGです。顔の特徴を変えたり、背景を大幅に加工することは避けましょう。また、適切なサイズや比率を守ることも重要です。加工は自然な印象を保つことを意識しましょう。

このように、Vidnozを使えば簡単に証明写真を加工し、プロフェッショナルな印象を与えることができます。自宅で手軽に証明写真を作成しましょう。

証明写真を印刷する方法

Vidnozを使った証明写真の印刷方法について説明します。

自宅のプリンターで証明写真を印刷

Vidnozのウェブサイトにアクセスし、証明写真をアップロードします。必要に応じて、サイズやレイアウトを調整します。印刷用紙をプリンターにセットし、Vidnozで設定したサイズに合わせて印刷します。

コンビニで証明写真を印刷

証明写真 印刷

Vidnozで作成した証明写真データをスマートフォンやUSBメモリに保存します。コンビニに行き、証明写真印刷機を操作します。保存した写真データを選択し、印刷設定を調整して印刷します。

携帯・スマホで撮った証明写真は履歴書に使える?

携帯・スマホで撮った証明写真

携帯・スマホで撮影した証明写真は、一般的に履歴書に使えます。ただし、写真の品質や要件を満たしているかどうかが重要です。背景が明るく、顔がはっきりと写っていることが必要です。また、目の高さが一定であり、正面を向いていることも重要です。履歴書の規定に基づいて、適切な写真を選択しましょう。

自宅で証明写真を撮るコツを学ぼう

本記事では、自宅で証明写真を撮る際のポイントや注意点、そしてVidnozを使った写真加工方法について詳しく説明しました。証明写真の撮影や加工に自信がない方でも、この記事を参考にして手軽に証明写真を作成してみてください。

Vidnoz AI証明写真作成メーカー

Vidnoz AI証明写真作成メーカー

手軽に履歴書、運転免許証、マイナンバー、パスポートなどの証明写真を自宅で作成!写真館に行かなくても、顔写真1枚だけで証明写真を作れます。40種類以上の背景と衣装に変更できます!

Vidnoz AI証明写真作成メーカー
作者情報
authot

野口陽葵

ITサービス企業での専門メディア編集者として、AIや映像技術などの業界で10年目以上の経験があります。仕事内容は、最新のAI技術、AI動画生成、動画作成・編集などのサービスに関する記事を書くこととなります。ネットサーフィンも好きで、ウェイボー、ツイッターなどで新聞をよく見ます。