毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • AI小説・文章自動作成ツール5選
  • 小説をAIが執筆するメリット&デメリット
  • AI小説の著作権について
  • AI小説機能を使って自分の発想を超えた小説を作ろう

公式SNS、フォローお願いします♪

Vidnoz AI音声読み上げ

無料・商用利用可のテキスト音声読み上げサイト

AI小説を自動作成アプリ・サイト5選!無料で小説を書く

作者- 野口陽葵

野口陽葵

最終更新日

AIを活用して小説・同人誌・物語を自動作成するアプリがあることをご存知でしょうか。ここでは、無料で利用できるAI小説アプリの中から、優れたものを5つ紹介します。

AIが人間の作家と同じように小説を書けるかどうか、考えたことはありますか。面白い小説が書けるのか試してみたいと思う人もいるのではないでしょうか。本記事では、AI小説・文章自動作成ツールを5つご紹介。小説を書いている人も、AI小説アプリで楽しみたい人もぜひ参考にしてください。

AI小説アプリ

目次
  • AI小説・文章自動作成ツール5選
  • 小説をAIが執筆するメリット&デメリット
  • AI小説の著作権について
  • AI小説機能を使って自分の発想を超えた小説を作ろう

AI小説・文章自動作成ツール5選

一口にAI小説アプリやソフトと言っても、ツールによってその特徴はさまざまです。同じ小説の出だしを入力しても、異なる小説が表示されます。

以下では、自動で小説を作成してくれる5つの無料AI小説作成ツールを紹介。それぞれの特徴について詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

最強最大のにほんごAI |AIのべりすと

AIのべりすと

公式サイト https://ai-novel.com/
使用料金 無料
機能 デフォルト・セリフ・ナラティブ
生成時間 10秒程度
生成文字数 約420文字

「AIのべりすと」は、自然な日本語の小説を瞬時に作成してくれる点が特徴です。また、デフォルト・セリフ・ナラティブなどと、セリフを優先するか、地の文を優先するかを選ぶことが可能です。

900円から加入できる、有料プランに加入することで、専用サーバーを使用することができるようになります。また、アップデートされたAI技術を先行で使用することも可能ですよ。

メリット
  • オプションを設定できる
  • 自然な文章
デメリット
  • 約420文字と、生成文字数が少ない
  • フリーサーバーが混雑している場合がある

桃太郎の冒頭を入力すると、以下のような文章が表示されました。多少不自然な点はありますが、きちんと小説として成り立っていますね。

以下のような文章

AIとの対話で あたらしい物語をつくろう|AI BunCho

AI BunCho

公式サイト https://bun-cho.work/
使用料金 無料(有料プランあり)
機能 タイトル・あらすじ・プロット生成・漫画作画・AIリレー小説
生成時間 5〜10秒
生成文字数 50文字程度

AI文鳥は、小説の内容だけではなく、あらすじの作成やタイトルメーカーなどの機能がある点がポイント。小説の内容を書かせるだけではなく、あらすじからプロットを作成させて、小説のネタ出しに使用できます。また、AIと一緒に小説を書く「AIリレー小説」は、自分の発想を超えた内容を組み入れて小説の内容を書くことが可能です。

メリット
  • 機能の数が多い
  • タイトル・あらすじはフリープランで使用できる
デメリット
  • プロット生成は有料プランに加入する必要がある(1500円〜)

あらすじ生成を使用する際は、あらすじに使用したいキーワードを入力するだけ。簡単に複数のあらすじが表示されますよ。

おすすめ記事:無料朗読アプリのおすすめ8選|小説・本を読み上げる

AIで小説を自動生成|Canva

Canva

公式サイト https://www.canva.com/ja_jp/features/ai-syousetsu/
使用料金 25回分無料(一部有料)
機能 テキストの要約・書き換え・トーンの変更
生成時間 5秒程度
生成文字数 300文字程度

テンプレートやデザイン機能などで知られるCanvaは、自動作文機能もあります。Canvaの「Doc」機能を使用しながら、自動で続きを書いてくれるため小説や資料作りに役に立てることが可能です。

「もっと楽しく」「もっとフォーマルに」などと、トーンを書き換えられる点が特徴です。例えば、小説に使用する場合は「もっと楽しく」モードで、資料やプレゼンに使用する際は「もっとフォーマルに」モードを使用するといいでしょう。

メリット
  • 回数は限られているが無料でほとんど全ての機能が使用できる
  • モードを自由に変更できる
  • スペリングを修正できる
デメリット
  • ログインする必要がある

Doc

「デザインを作成」>「Doc」を開きます。

ai-novel-6

「+アイコン」にカーソルを合わせて、「マジック機能を追加する」をクリック。

マジック機能を追加する

5つ以上の単語を入力すると、文章が生成できますよ。

桃太郎の冒頭を入力すると、以下のような文章が表示されました。

ai-novel-12

AIでテキストを動画に変換しよう - 無料

ただ1ステップだけでPDF、PPT、URLから高画質の動画を作成します。

Vidnoz AIでテキストを動画に変換しよう

人工知能チャットボット|ChatGPT

ChatGPT

公式サイト https://chat.openai.com/auth/login
使用料金 無料
機能 AIチャット機能
生成時間 5秒程度
生成文字数 制限なし

「ChatGPT」は、AIチャット機能として大きな注目を集めたため、知っている人は多いのではないでしょうか。ChatGPTでは、AIに要望を伝えることでその答えが数秒で返ってきます。

小説を書くことに特化したサイトではありませんが、斬新な発想の小説を書いてくれますよ。

メリット
  • 無料で使用できる
デメリット
  • アカウント登録が必要
  • 小説に特化したものではない

桃太郎の冒頭を入力すると、以下のような文章が表示されました。

桃太郎の冒頭

おすすめ記事:イケボになる!自然に女声から男声へ変えるボイスチェンジャー

AIで10倍速の記事作成|Catchy

Catchy

公式サイト https://lp.ai-copywriter.jp/
使用料金 10クレジット無料(有料で無制限)
機能 100種類以上ある生成ツール
生成時間 5〜10秒
生成文字数 300文字程度

Catchyは、100種類以上ある生成ツールで、記事制作やマーケティング、キャッチコピーなどを作成することができます。小説に関しての生成ツールだけでも、「導入」「ストーリーのベース」「物語の流れ」などの機能を使用できます。

また、文章の雰囲気を丁寧・カジュアル・大胆から選ぶことができる点がポイント。小説の雰囲気を変更したい人や、いつもとは違う作風を勉強した人におすすめですよ。

メリット
  • 文章の雰囲気を選べる
  • 多様な生成AIを使用できる
デメリット
  • ログインが必須

桃太郎の冒頭を入力すると、以下のような文章が表示されました。

桃太郎の冒頭

自動生成した小説を読み上げ|Vidnoz AI

Vidnoz AI

自動生成した小説の読み上げをしたい人は「Vidnoz AI」がおすすめ。Vidnoz AIは、無料で使える音声読み上げツールです。1日5回、1回で最大5千文字文字まで読み上げを行うことができます。

日本語を使った読み上げを無料で使用できるので、音声データを利用してしてYouTubeや、TikTokに自作小説を上げて人気コンテンツを作成できます。日本語以外にも、英語や中国語、ドイツ語など140個以上の言語の読み上げも可能です。

アカウントがなくても、お試しで使ってみることができるので、「まずは使ってみてからアカウントを作成したい」と言う人におすすめです。

小説をAIが執筆するメリット&デメリット

AIが小説を執筆することで、自分にはなかった発想に気づくことができます。また、すばやくあらすじやプロットを表示してくれるので、小説を書く参考にすることができるでしょう。

一方で、AIだけを使って小説を書くと、支離滅裂な文章になる恐れがあります。AIだけで小説を書くのではなく、あくまで補助的に利用し、細かいところは自分で執筆することをおすすめします。

また、AIによっては情報の信憑性が低いことも。そのまま使用するのではなく、情報源を調べたり、他の著作の引用ではないか調べたりする必要があります。

メリットだけではなくデメリットもあるAI執筆機能ですが、アイデア出しに使ったり、校正に使ったりして十分に活用しましょう。

AI小説の著作権について

AI小説の著作権

「AI小説の著作権ってどうなるの?」と不安に思う人もいるのではないでしょうか。

著作物は「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と定められています。現地点では、「思想又は感情を創作的に表現したもの」ではないとされ、著作物に当たらないとされています。

しかし、AI小説を書いたものをそのまま使用することは、十分に注意が必要です。使用するAI小説サイトの規約をよく読み問題がないか確かめた上で使用することをおすすめします。

AI小説機能を使って自分の発想を超えた小説を作ろう

本記事では、おすすめのAI小説作成ツールをご紹介しました。文章を作成してくれるAIアプリやサイトは、たくさんありますが、自分の目的にあったサイトを見つけることが大切です。

小説の内容を書いて欲しい人は「AIのべりすと」がおすすめです。同人誌や物語を書く参考にしたい人は、「タイトルメーカー」機能や、「プロット」機能があるAI BunChoを使用することをおすすめします。

また、AI小説を書いたら、文章がおかしくないか「Vidnoz AI」で読み上げてみてもいいでしょう。本記事を参考に、AI小説サイト・アプリを使って面白い小説や同人誌を書いてみてはいかがでしょうか。

作者情報
authot

野口陽葵

ITサービス企業での専門メディア編集者として、AIや映像技術などの業界で10年目以上の経験があります。仕事内容は、最新のAI技術、AI動画生成、動画作成・編集などのサービスに関する記事を書くこととなります。ネットサーフィンも好きで、ウェイボー、ツイッターなどで新聞をよく見ます。