毎日無料で 1 分間 のビデオを制作できる -

 今すぐAIビデオを作成しましょう!
×
Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する

800+動画テンプレート、800+リアルなAIアバター、音声読み上げ機能を利用して、無料でAI動画を生成しましょう!

Vidnoz AI: 手軽にAI動画を生成する
目次
  • AIアナウンサーとは?存在する必要ある?
  • AIアナウンサー仕組みや特徴の簡単説明
  • AIアナウンサーのメリット・デメリット
  • AIアナウンサーの運用分野
  • 有名なAIアナウンサー紹介
  • VidnozAIで簡単にAIアナウンサーを作成しよう
  • AIアナウンサーのまとめ

公式SNS、フォローお願いします♪

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用

無料で動画生成・アバター作成・音声読み上げなどにAIを活用!

【効率改善】AIアナウンサーのメリット・デメリットを徹底解説

作者- 佐々木誠

佐々木誠

最終更新日

AIアナウンサーってなに? 荒木ゆい、ニュースのヨミ子、新小萌の例を紹介する!人間のアナウンサーとの違いは?そのメリット・デメリット、仕組みや特徴を見よう!

AIアナウンサー

みなさん、AI技術を用いたサービスやツールをどれだけ利用していますか? 昨今では、いろいろなサービスが提供されているので、独自のコンテンツ作成や日常生活のなかで使われていることが多いのではないでしょうか。この記事では、AIアナウンサーのメリットやデメリット、有名なサービス・事例などをご紹介いたします。

目次
  • AIアナウンサーとは?存在する必要ある?
  • AIアナウンサー仕組みや特徴の簡単説明
  • AIアナウンサーのメリット・デメリット
  • AIアナウンサーの運用分野
  • 有名なAIアナウンサー紹介
  • VidnozAIで簡単にAIアナウンサーを作成しよう
  • AIアナウンサーのまとめ

AIアナウンサーとは?存在する必要ある?

AIアナウンサーとは?存在する必要ある?

AIアナウンサーとは文字通り、AI(機械学習)を用いたバーチャルアナウンサーのことです。膨大なデータから「人間の喋り方」を学習します。もちろん話してもらいたい内容については、原稿を提供しなければなりません。

AIアナウンサーの活用は「業務改善」にとって、マストになってくるでしょう。なぜなら、このツールを使うことで、数多くあるアナウンサーの業務の一部を代替することができるからです。たとえば、早朝や深夜の放送など、人による対応が難しい時間帯がありますよね。AIアナウンサーを使うことで、こういった過酷な労働条件での業務を減らせます。

また地方のテレビ局など、アナウンサーが十分にいないケースもあります。そういった局はぜひともAIアナウンサーの力を借りたいところですよね。

ただし、すべてのアナウンサー業務を代替することはできません。たとえば、臨時で入ってきたニュースや状況が変わりやすい災害情報などは、AIアナウンサーではなく、従来通り人による報道が必要となってきます。

関連記事:AIで業務効率化できる原因とAI活用事例5>>>

AIアナウンサー仕組みや特徴の簡単説明

AIアナウンサーの仕組みはどのようなものでしょうか? プロセスを大きく分けると、「原稿の作成」と「音声の合成生成」の2つになります。この2つのプロセスは、アナウンサーのノウハウや読みの技術がベースになります。

まずは、原稿の作成です。このプロセスにはアナウンサーのノウハウが必要です。アナウンサーのノウハウとは、「伝える内容の優先順位」や「番組の長さ」などが挙げられます。これらの情報と作業をルール化して、コンピュータで自動化します。そうすることで、指定した時間内にちょうど収まるような適切な内容の原稿を生成することができます。

次に、読みの技術を音声合成で再現します。読みの技術とは、文脈に合わせた自然なイントネーションや間の取り方などを指します。この技術を使わないと大切な情報が伝わりにくくなり、アナウンサーとしての重要な役割を全うすることができません。音声合成をするために、現役アナウンサーの発言をデータとして収集する必要があります。

AIアナウンサー仕組みや特徴の簡単説明

それでは、なぜここまでして、AIアナウンサーを開発していかなければならないのでしょうか? それは冒頭にも記載いたしましたように、業務改善につながるからです。2020年3月30日にテレ朝POSTが投稿した記事によると、時間的なコストは1回の収録に2〜3時間、構築期間は2〜6週間ほどかかるとのことです。また、経済的なコストは、数十万円から数百万円となります。

AIアナウンサーのメリット・デメリット

この章では、AIアナウンサーを使うメリットとデメリットをご紹介します。

まずはメリットからお伝えいたしますね。

  • 場所を選ばない(局内のみならず、外出先や自宅でもオンエア可)
  • 時間を選ばない(早朝や夜中でもオンエア可)
  • 言い間違えが無い(ただし、同字異音に注意)
  • 制限時間内に終える
  • スケジュールを組める
  • 他言語に対応できる

冒頭にも記載しましたように、場所の自由や時間の自由など「業務改善」に関連するメリットが豊富です。また、言い間違えがなく、制限時間内に終わることで「品質」も確保できます。今後、日本も外国人訪問客または外国人居住者の増加が見込まれているので、他言語に対応できることも強調できる点となります。

Vidnoz AIでテキストを音声に読み上げ

AIでテキストを音声に読み上げ - 無料&商用利用可

様々な音声、言語、文化の自然な音でテキストを読み上げます。 今すぐ無料でお試しください!

次にデメリットになります。

  • 同字異音の読み方を誤る
  • 読みの技術の精度を欠く
  • 読み手の個性に対応できない

デメリットに関しては、同字異音の読み方や合成音声の精度などが挙げられます。とはいえ、AIアナウンサーの報道を聞いても、ほとんど人間と差がないくらい精度が上がってきていると思います。

続いて、このデメリットのないAIアナウンサーツールを紹介します。

自分の声でナレーションを作るには恥ずかしいと思う人もいるでしょう?また、AIアナウンサーの声が機械的で、便利は便利になりますが、どうしても人間ではなさそう。

この時は、Vidnoz AIボイスチェンジャーがお役に立ちます。

世界中の50以上有名人の声をプリセットされており、自分が喋た言葉を有名人の声に変換することができます。

使い方はとてもカンタン。

AIアナウンサーツール

①お気に入りの有名人の声を選びます。

②自分が喋る音声を収録する。

③「変換する」ボタンをクリックして、変換が終了するまで待ちます。

こうして、簡単に有名人が先ほど自分のしゃべたことを言ってくれます。トランプが日本語をしゃべているシーンを想像してみて?早速見てみませんか?

 

AIアナウンサーの運用分野

それでは、このAIアナウンサーの技術がどのような分野で使われているのか気になりますよね。ネーミングに「アナウンサー」という言葉が含まれているので、アナウンス関連のサービスに使われていると想像がつきます。それでは、具体的な事例をご紹介していきます。

AIアナウンサーのメリット・デメリット

AIアナウンサー運用①|ニュース放送

まずは「アナウンサー」という言葉から真っ先に連想される業務といえば、ニュースなどの放送ですよね。テレビやラジオなどの各メディアにおけるニュースの読み上げにこの技術が活用されています。冒頭にも記載しましたように、激務を強いられるこの業界の業務改善につながることが期待されています。

AIアナウンサー運用②|音声案内

ニュースの読み上げ以外にも、みなさんが普段耳にするアナウンスがあります。たとえば、ショッピングセンターをはじめとする各施設の案内などにも使われていますよね。アナウンスミスを減らすことができる上に、人材の確保や教育などにおいてもコスト削減などのメリットがあります。

関連記事:アバター接客とは?市場規模やメリット・デメリット、事例まで徹底解説!>>>

AIアナウンサー運用③|電話応答

今や世界にある各国では、電話の応答も自動応答になっているケースが多く見受けられます。電話のガイダンスにも、AIアナウンサーが使われる事例が増えてくるでしょう。

AIアナウンサー運用③|電話応答

AIアナウンサー運用④|防災支援

災害時の情報発信においては、スタッフなどの人的資源が不足するケースが散見されます。このようにリソースが不足すると、重要な情報の伝達ができません。AIアナウンサーを活用することで、終日情報を提供することに成功しています。

AIアナウンサー運用⑤|広告制作

これまでご紹介してきた事例は、比較的オーソドックスな活用方法だと思います。このご時世は、ますますネットが発展してきており、さまざまなマーケティング手法が出てきました。このAIアナウンサーは、マーケティング活動のひとつでもある広告制作にも活用されるようになってきています。

有名なAIアナウンサー紹介

この章では有名なAIアナウンサーを3名ご紹介したいと思います。すでにみなさんも一度は耳にしたことがあるかもしれません。

AIアナウンサー|荒木ゆい

AIアナウンサー|荒木ゆい

まず、AIアナウンサー「荒木ゆい」をご紹介します。防災や危機管理に関連した技術開発を行う会社「Spectee(スペクティ)」によって運営されています。同社が開発した人工知能エンジン「Spectee AI」で、実際にアナウンサーが読んだ約10万件のニュース音声を機械学習しております。こちらに関しては、一般企業や個人向けにサービスを展開しているのが特長です。

AIアナウンサーの「荒木ゆい」は、バーチャルアナウンサーですが、きちんとペルソナが設定されています。栃木県出身の27歳女性で、東京キー局で勤務後、フリーのアナウンサーとして独立したという設定です。すでに大手メディアでの出演実績があります。

原稿があれば、数分で音声ファイルの生成が完了するという速さも特長です。話すスピードの調整や読み方の修正などもできます。

動作環境:OS:Windows7以降、MacOS 10.10以降

ブラウザ:Microsoft Edge・Mozilla Firefox 最新版・Google Chrome 最新版・Safari 最新版

プラン名 無料お試しプラン スタンダードプラン
料金 2週間まで無料 要相談
ダウンロード回数 1回 要相談
再生回数 5回 要相談
支払い方法 - 請求書払い

お試しプランは商用利用不可。スタンダードプランは商用利用できますが、音声の著作権表示「AIアナウンサー・荒木ゆい」の記載が必要となります。商品紹介で使用したい場合は、お問い合わせから相談しましょう。

NHKのAIアナウンサー|ニュースのヨミ子

NHKのAIアナウンサー|ニュースのヨミ子

日本唯一の放送技術分野を専門とする研究機関「NHK放送技術研究所(技研)」

が開発した音声合成技術を活用したAIキャスター「ニュースのヨミ子」が、2018年に総合テレビの『ニュースチェック11』に登場しました。

それ以来、より人の声に近い音声合成を目指し、研究開発を進めてきております。この経験を活用し、NHKでは「AI自動音声でお伝えしています」とテロップが出ている報道を見かけることが多くなりました。

中国のAIアナウンサー|新小萌

もちろん日本国内のみならず、AIアナウンサーの開発は隣国の中国でも開発されています。

キー局のテレビ朝日をはじめ、ANN加盟各局で放送している日本のニュース番組「ANN News」のYouTubeチャンネルで2019年3月5日、中国の全国人民代表大会の開幕に合わせ、AIアナウンサーが登場したと報道しております。中国国営通信社の新華社が手がけるAIアナウンサーの名前は「新小萌(シン・シャオモン)」です。

VidnozAIで簡単にAIアナウンサーを作成しよう

VidnozAIはオンラインのAI動画編集ツールで、テキスト入力するだけでAIアナウンサーの動画を生成できます。プラットフォームには、70種類以上のリアルなアバターが用意されており、ニュースやエンターテイメントなど、200種類以上の動画テンプレートから選ぶことができます。

また、Vidnozのアバタージェネレーターを使ってアニメや似顔絵のアバターを生成し、VidnozAIアプリにアップロードしてビデオ編集することもできます!

Vidnoz AI - 顔写真動かしツールで魅力的なAI動画を作成しよう

  • リアルなアバターで専門的なAI動画を簡単に作成する
  • 多言語サポートのAI音声読み上げ機能
  • 800+動画テンプレートで様々なシーンに対応
  • URL、PDF、PPTなどから動画を作成する

 

AIアナウンサーのまとめ

ここまでAIアナウンサーの仕組みやメリット・デメリット、実際に活用されている事例などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。AIの技術を使えば、企業に所属していない個人でも、ニュースのような動画を作成できることがお分かりいただけたと思います。ぜひ、Vidnozのサービスが気になる方は、これを機に一度ご利用してみてください。

作者情報
authot

佐々木誠

マーケティング業界経験12年目以上、ブランド認知度を高めるための広告、PR、イベントなどのマーケティング施策を企画・実施に携わり、MAツールの導入・改善により、リード獲得数やコンバージョン率の向上を支援します。